訴訟保険にはいろいろなタイプのものが用意されています

保険会社では、訴訟に対していろいろなタイプの訴訟保険を用意しています。
例をいくつか挙げてみると、まず、施設賠償責任保険があります。
これは施設管理や施設管理の仕事に伴う対人対物保険で、第三者に対して負担する法律上の賠償責任を補償するものです。

次に、請負業者のための賠償責任保険があります。
これは土木工事などの請負業務時における対人対物保険です。
そして、生産物賠償責任保険という製品や、商品のPL事故や仕事の結果が原因で生じた事故に対する保険があります。

また最近では、インターネット関連やIT業務に関して生じた賠償責任に対する保険も出てきています。
さらには、個人情報の漏えいがあった場合に対しての補償をするための保険もあります。

以上挙げたものは、いずれも地方団体や民間会社民間企業に対する訴訟保険ですが、個人のための個人賠償責任保険というものもあります。
停車中の車に間違って自転車をぶつけて傷をつけてしまったとか、歩いている人にぶつかって怪我をさせてしまった場合などに、賠償責任が求められます。

また、ベランダから誤って物を落としてしまい下にいる通行人にあたって怪我をさせてしまったような場合も同様です。
そんな時に、個人賠償責任保険というものが必要となってくるのです。
しかし、この保険は単独ではなかなか無いという問題があります。

いまのところ火災保険や自動車保険、傷害保険といったものの特約として存在しています。
金額としては大してお金がかかるものではないので、特約としてあれば入っておいて損はありません。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:訴訟

このページの先頭へ