海外進出した日本企業は、現地で起こる様々な法律問題や国際訴訟に備え、事前に検討しておくことが大切です

グローバル社会にあっては、さまざまな企業が外国で支社や工場を作っています。
しかし、このような場合には日本企業として、外国で訴訟を起こされる可能性を考えておく必要があります。

特に、現地で法律問題が生じた場合には、どのような対処をすべきかを事前に決めておくことが大切です。
国際訴訟の場合には、現地での民事手続きや実体法規が日本国内とは異なっているために、問題が生じてから対処すると予想外の結果に終わることがあります。

したがって、日本の本社経由で事前に渉外弁護士を雇っておくか、現地の弁護士を事前に雇っておくかすることが大切になります。
ところで、海外における訴訟や法的紛争においては、日本国内の場合と異なりさまざまな訴訟的な判断を行うことが必要となってきます。

実際の訴訟に持ち込むことを目的としている場合は極めて少なく、その多くは和解金を目的にしているからです。
その見極めをする場合には、訴訟外での交渉というものが大切なことになります。

また近年では、法廷紛争ということにかこつけて、社内の機密情報を開示させる目的で国際訴訟が使われる場合も出てきています。
このような場合には、相手の出方に対して、戦略的な方法をとることが重要なことになってくるのです。

そのためにも、渉外関連に詳しい弁護士に依頼することが、わけても重要なことになります。
国際訴訟は、グローバル化が進む現在において、避けては通れない問題になってきているのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:訴訟

このページの先頭へ