医療事故訴訟は患者側の勝訴が非常に難しい裁判だと言われています

医療事故訴訟は、患者側の勝訴が非常に難しい裁判だと言われており、患者側の勝訴はわずか2割程度とされています。なぜこれほどまでに裁判に勝つのが難しいかと言うと、弁護士に医学の専門知識が要求されるだけでなく、鑑定意見書の作成や訴訟中にアドバイスを依頼できる専門医師の協力が不可欠な点にあります。

また、判決を行う裁判官も医学的問題点を理解しなければならなく、これらの要件をすべて満たす事はたやすくはないからです。患者側が医師や病院を相手に争う為には、診療録を詳細に分析して独学で医学文献などを勉強しなければならず、特に高度な専門知識が要求される案件については、弁護士の専門知識の有無や程度が訴訟の明暗を分けます。

加えて、医療裁判のケースでは原告と被告の双方から専門医が作成した指摘鑑定意見書の提出が必要となりますが、指摘鑑定意見書の作成を依頼する協力医が存在しなければ提訴ができませんし、裁判中に頼れる協力医がいないと、病院側からの反論に対応する事もできません。

一般的な裁判で弁護士に依頼する場合は、知り合いの紹介や電話帳、弁護士会の紹介や無料法律相談などからコンタクトが取れますが、医療事故訴訟のケースは立証が難しく医学的知見が要求されるので、医療過誤事件に積極的に取り組む弁護士研究会に相談を申し込むと良いでしょう。

全国にその様な研究会は点在しており、医療事故相談センターや医療事故情報センターでも受け付けているので、医療事故を疑う様な際は早目に専門家に相談して対応しましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:訴訟

このページの先頭へ