不動産の相続をスムーズに行う為のポイント

遺産の相続時に良く聞くトラブルの原因として、不動産が有ります。
不動産は金額が大きいものだけに、トラブルの原因となるのです。

トラブルが起きてしまうと収拾をつけるのは難しく、最後には裁判によって収拾をつける事になりますが、長い時間と費用が掛かってしまい、親戚関係に亀裂を生んでしまう事になります。

そうならない為に理想的なのは、所有者が生きている間に遺言書を作成しておき、死亡後遺産をどの様に分割するかを明確にしておく事です。
遺言書を作成する事で、親族以外の人が遺産を受取ることも出来ますが、その時には相続人の遺留分に対する配慮も必要となります。

遺留分とは、遺産の一定割合の取得を相続人に保証する事で、遺言書の内容が遺留分を侵害する場合、取り返す権利が有ると言う事で、遺留分について申し立てをされると、これもトラブルとなるのです。

遺言書を作成する時には、死亡後に揉め事が起きない様に配慮して、出来れば生前に遺言書の内容について親族の方々の了承を貰っておけば、まずトラブルは防げます。
そして、もう一つ重要なのが、不動産の内容を明確にしておく事です。

生前に先祖伝来の土地があの山のふもとにも有ると聞いていたが、何処なのか判らないといったことがあります。

所有している本人は場所を把握していても、普段その場所を訪れることが無い親族には把握しようが有りませんので、生前に土地の登記謄本が有る事を確認し、保管場所を家族の方に伝えておけばトラブルを防げます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:相続

このページの先頭へ