相続対策といっても、いろんな意味での対策があります

相続対策といっても、いろんな意味での対策があります。
まず、相続税対策としては、生前贈与という方法が挙げられます。
生前贈与は、年間110万円までは税金がかからないもので、早いうちからやっておけば大きな金額となるものです。

また、生命保険を活用する方法もあり、法定相続人かける500万円までは非課税となります。
無理をして生命保険に多く加入する必要はありませんが、総資産と支払いそうな相続税とのバランスを加味して、現金が多く必要である時は加入を増やす、などの対策が必要です。

また、土地を持っている方の場合は、アパート経営をするのも一つの方法となります。
建物は毎年減価償却により資産価値が減少するので、有効な対策といえるでしょう。
事業をなさっている方は、事業用資産を後継者の方に継承させる必要がありますので、その辺を加味して、財産を分割させなければなりません。

会社の資産を複数の人間に相続させると、事業に関わっていない人には関係のない話と云って、将来その資産がどうなるか分からないものです。
そのために、事業を営んでいる人は株式を分割して一株の資産価値を薄めておいて、その分を従業員などに売却するなどすれば、相続税を減らす効果が大きくなります。

これはほんの一例で、資産の種類によってもっと節税することができる対策が可能です。
しかし、個人でいろんな対策をとっても、それを否認されては元も子もありません。
相続の対策は、税理士や公認会計士、また弁護士などの専門家とよく相談してから実行なさってください。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:相続

このページの先頭へ