相続税対策として、相続人の数だけ毎年税法で認められたぎりぎりの金額まで生前贈与することができます

あなたは資産をお持ちですか。
資産をたくさんお持ちの方は、将来の相続税についてぼんやりとは考えていることと思います。
しかし、具体的な対策を行っているでしょうか。

まず、基本的な対策としては、生前贈与を行うことです。
相続人の数だけ毎年税法で認められたぎりぎりの金額まで、生前贈与しておくことができます。

資産が多い人にとっては、これぐらい大した金額じゃないと思いがちですが、ちりも積もれば山になるで一番簡単に出来る節税対策です。
また、生命保険に多く入っておき、亡くなった時の現金資産を増やす方法もあります。

生命保険には非課税の規定があり、法定相続人かける500万円となっていて、相続税の納税資金として現金を確保出来ますし、現金があると遺産分割する時にも役立ちます。
あなたに土地があれば、アパートなどの不動産にして相続させると、建物は資産価値が毎年減りますので、相続税対策として十分な方法です。

また、法人を経営している場合は、株式を増やして資産価値を薄めるという方法もあります。
同族だけで持っている株式を、従業員に分配して持ってもらうのです。
増やした分だけ資産価値は減少しますので、相続税対策としてはとても有効です。

これらは、一般的な相続税対策ではありますが、持っている資産によっては、まだまだ対策をとることが出来ます。
自分一人で行うのでなく、税理士、公認会計士、弁護士、などの専門家と十分話しあって相続税対策を立てるのが賢明でしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:相続

このページの先頭へ