個人でできる遺産相続の具体的な方法について

親が急に亡くなった場合、遺言書がないために残された遺産の相続をどうしたらいいのか悩むことになります。
お付き合いのある弁護士さんがいれば相談もできるのでしょうが、ほとんどの人は慌ててしまうのではないでしょうか。

そのような時のために、相続のための方法について簡単に触れてみます。
まず、しなくてはならないのは、遺産を受け取れる権利のある人物を特定することです。
それは、戸籍などを添付した家系図があれば大丈夫です。
また、名義変更の申請書も用意しておく必要があるでしょう。

不動産などがある場合には名義変更をしておかないと、家を売却したり、増築したりする場合にも出来なくなりますので、できるだけ早めに変更しておくべきです。
銀行や郵便貯金などがある場合は、一旦誰かの名義に書き換えた上で、分割するという方法が考えられます。

これは、不動産や株などの場合でも一旦現金化することによって平等に分割することが出来ます。

また、家屋敷などの場合は、引き続きそこに住み続ける場合は現金化できないので、後々のトラブルに対処できるように遺産分割協議書というものを作成して、そこに明記しておくとよいでしょう。

そして、これらの相続手続きにはそれぞれ期限が決まっているので、注意することが必要です。
三ヶ月以内、四ヶ月以内、十ヶ月以内、そして一年以内にやらなければならないことがあるので、それらを調べて期限内に手続きをするようにしましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:相続

このページの先頭へ