広島の頼れる弁護士と相続争いの予防策

財産の分配は、相続人による遺産分割協議による事が原則となっています。
しかし、仲の良かった兄弟・姉妹でも、結婚して子供が生まれ、長い時間が経てば様々な事情が生まれます。実際、「自分は長男だから」という理由だけで誰よりも多く、中には全て受け継いで当然だという考え方が残っている人もまだおりトラブルとなっています。

一度争いが始まってしまうと、遺産分割が終了した後でも人間関係が以前のように戻る事はほとんどないので、争いが起こらない予防策として遺言書の作成が有効です。

生前口頭で自分の残した財産をどの様に分けたいのかという希望を伝えても拘束力はないので、遺言書により本人の意志を明確にすることは、現実的な問題として財産分与をめぐる争いを予防する事に繋がり、親族間の円満を保つ為にも最良の手段と言えます。

遺言書の内容をチェックする上で弁護士の協力は有効で、例えば、遺留分の考慮が不十分だった場合、自分の意図したとおりの相続が行われない可能性が出てくるからです。

その為にも、弁護士に相談した上で遺言書を作成した方がよいでしょう。
広島には頼れる弁護士事務所が数多く存在し、例えば、大村法律事務所は広島市で10年以上の弁護実績を持ちます。

死後にトラブルにならない遺言書の作成は勿論、遺言執行者の依頼にも応じます。
また、県内最大級の大きさを誇る山下江法律事務所は、相続アドバイザーと上級アドバイザーが在籍し、税理士や司法書士、行政書士とも連携しており心強いです。
この様な弁護士事務所を利用して、遺産トラブルを避けましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:相続

このページの先頭へ