悪徳業者につかまってしまうといった方が多重債務者になりやすくなっています

多重債務者に陥る者には特徴があります。
まず、最も多いケースが、自転車操業的に多重債務に陥る場合です。
ギャンブルなどにはまってしまい、必要以上に借金をしてしまい、返済時期になっても、収入が追い付かずに、また別の金融機関から借り入れをして返済するというケースです。

このような連鎖はどこかで断ち切らなければ、最終的には複数の借入先から借り入れざるを得なくなり、結果的に多重債務者となってしまいます。
2番目のケースとして、リストラや給与カットにより収入が減少して生活苦に陥り、不足分を借り入れで賄っている場合です。

日常の生活費の不足分を借り入れで賄うわけですから、決して借金の完済をすることはできません。
毎月毎月、借金は雪だるま式に増えていってしまうことになります。
その結果、多重債務を抱えてしまうのですが、ここから脱出するためには、早急に月々の収入と支出を見直して行きましょう。

3番目のパターンは、悪徳業者につかまってしまうケースです。
普通の金融機関ではお金を貸してもらえず、切羽詰まった多重債務者の最後の場として、適当な言葉を並べた悪徳業者が待ち受けています。

しかし、このような悪徳業者にお金を借りることができても、結果的にはさらに借金が増えてしまうというケースがほとんどです。
このように多重債務を抱える者にはいくつかのパターンがありますが、借金を抱えるのは、常に自分がいずれかのパターンに当てはまらないかどうか自問自答していく必要があります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:多重債務

このページの先頭へ