本当の意味での多重債務救済は債務整理でのみ可能です

現在、借金に悩む人の中で債務整理を考えている人もいるでしょう。
しかし債務整理は一般的に良いイメージを持たれていることはありません。
というのも、自分のした借金を法律に則り解決しようとするのですから、罪悪感を感じる人もいて当然です。また、債務整理というと自己破産が思いつきますが、まさに借金の踏み倒しというような印象を抱いてしまうのも良くあることです。

しかし、勘違いしてはいけないのは債務整理は多重債務救済をするための制度だということで、債権者に対しては自分が被害者だと意識を持ちましょう。
それも決して悪い考えではありません。
しかし、そういった意識から再び同じ過ちを繰り返さないようにして下さい。
その様な方は、法定金利を超えた金利を支払った被害者であり、また、債権者からお金を借りて踏み倒した加害者なので。

債務整理は自己破産だけが借金の解決法ではありません。
自己破産のほかにも、任意整理、特定調停、個人民事再生という方法があり、特にこの3つには「踏み倒し」などという言葉は当てはまりません。

というのも、この3つに関しては債権者と話し合いをして借金を減額してもらうことを目的とした借金整理方法だからです。
つまり、債務整理後に返済計画に基づき完済を目指す必要があります。

自己破産に関しては大きな資産と引き換えに借金をチャラにしてもらいますが、誰でも自己破産をする権利がもらえると言うわけではないので多重債務者の中でも特定の人に限られています。
多くの方は借金を減額してもらい、完済を目指す方法になります。
本当の意味での多重債務救済は債務整理のみで出来ますので、悩みすぎる前に弁護士や司法書士に相談してみてください。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:多重債務

このページの先頭へ