多重債務解決方法として債務整理を利用して、生活を立て直してみませんか

借金が増えると、日々お金のことが頭から離れず、気分が晴れないばかりか、多重債務を苦にした自殺も残念ながら多いのが、現在の日本の現状です。
そうした多重債務解決方法の一つに債務整理という手続きがあるのをご存知でしょうか。
これは要するに借金を整理するという意味で、法律を活用して、現在の借金を整理する方法です。

債務整理には自己破産、個人再生、任意整理、特定調停の4種類があります。
自己破産とは、全ての債権者に対して、弁済する能力が無くなった場合、必要最低限の身の回りの物を除いた、債務者の全財産を換価して、全債権者に弁済する解決方法です。
個人再生とは、債務者の収入に応じて、返済できる金額、期間を計画立てて、それを裁判所が認めた場合、その期間で計画の金額を返済できた場合に、残りの債務が免除になる手続きです。

任意整理とは、裁判所を利用せずに、弁護士、司法書士などの法律の専門家に頼んで、利息制限法に基づいて、債権者と交渉してもらい、毎月の支払い額、利息などを減免してもらう解決方法です。
特定調停とは、裁判所を利用した任意整理のことです。
この4種類すべてに共通しているのは、現在支払っている金額より債務が減るといることです。

デメリットとしては、債務整理完了後、最低約5年間はクレジットカードが使えないなどはありますが、債務整理の手続きをした段階で、債権者からの取り立て、督促がなくなり、これまでのビクビクと怯えた不安な日常からも解放され、楽になります。
無料相談に応じる、弁護士、司法書士、多重債務者を支援している機関がありますし、現在の状況を変えるきっかけに活用してみて下さい。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:多重債務

このページの先頭へ