多重債務で苦しんでいるならば、借金を整理しませんか。

現在日本で多重債務に陥っている方は、およそ200万人以上はいるといわれています。
生活を送るために借金をした、遊ぶ費用のために借金をした、知人の連帯保証人になった、など借金をした理由はさまざまですが、債務者に共通するのは、借金の返済に精神的にも、肉体的にも苦しんでいるということです。

・周囲に相談できる相手がいない。
・利息がだんだん高くなっていき、元金の返済まで手が回らない。
・借金がどんどん膨らんでいる。
・債権者の取立て、督促で日常生活を穏やかに過ごせない。

もしも、このような悩みを抱えているのならば、できるだけ速やかに、解決のノウハウを持っている、弁護士や司法書士などの法律の専門家の力を借りるのが、最善の選択です。
1人で悩んで、闇雲に行動しても、借金が増える可能性があります。

もしも、知り合いに弁護士がいないのであれば、公的な機関やNPO法人、弁護士会が運営している相談窓口に問い合わせれば、債務者に適した弁護士を紹介してくれます。
また、このような相談窓口は、大抵無料で相談に応じてくれますし、多くの弁護士も無料相談を行っています。

そして、債務整理を弁護士に依頼した場合でも、債務者の金銭的な事情を踏まえて、弁護士費用を分割で支払うことも出来ますし、着手金が無料の場合もありますから、手持ちのお金が少ない場合でも、相談から債務整理の依頼までできるのです。
多重債務で苦しむ生活から、新たな人生を再建する手段として、法律の専門家の力をぜひ借りて下さい。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:多重債務

このページの先頭へ