多重債務者になったら一人で悩まず公的機関の窓口へ相談しよう

多重債務者とは、キャッシングなどで数社から借入をしていて、返済できなくなってしまう人のことです。
そのような状況に陥る人にはどのような特徴があるかというと、計画性のないクレジットの利用が挙げられます。

例えば、新入社員などが新居に必要な家電製品などをクレジットで購入し、気付いたら返済額が多額になっていて返済不能に陥るといったように、計画しないで購入する場合があります。
また、経済的に不況が続いている現在、急にリストラされるという場合も多いものです。

家族を抱え、住宅ローンを抱えている人は、失職と同時に借金を重ねてしまうことになります。
うっかり友人などの連帯保証人になってしまったおかげで財産を差し押さえられたりして、図らずも消費者金融に手を出してしまう人もいます。

よくある事例が、高金利の負担に耐えかねて、次々と別の消費者金融からお金を借りまくって、気付いたら多重債務を抱えていたというケースです。
また、最近ではリボルビングというクレジットの支払い方法が人気ですが、これを利用するとなかなか借金が減らないという悪循環に陥りやすいので注意が必要です。

重要なのは、多重債務者に陥った時に自分で解決しようとしないことで、公的機関には相談する窓口がありますから、まず恥ずかしがらずにそこで相談をしましょう。
係員は色々なケースを熟知していますから、事細かに対応してくれます。
債務整理の方法などでは専門家の知恵も必要になるので、司法書士なども紹介してもらえます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:多重債務

このページの先頭へ