多重債務者を対象としているローンは、融資審査を受けることの精神的な苦痛は少ない

年間に自己破産をする人が10万人を超えているという状況が、長期間続いています。
一般的に自己破産予備軍と言われる多重債務者も200万人以上いると言われており、長期的に改善していく必要があることが、報道などによって指摘されることも少なくはありません。
これらを改善するために施行された規則が、総量規制と呼ばれるルールです。

総量規制は、消費者金融に対して、年収の3分の1以上の貸付を行ってはいけないという規則で、この規則によって消費者金融からの融資を受けることができなくなったケースも多く見られています。

消費者金融は、短期間の利用に適している金融機関ではありますが、毎月の利息分のみを返済していくには金利が高く設定されているので向いていません。
毎月の返済が苦しくなった場合に利用するような金融機関ではないので、総量規制を施行したことは適切な処置であると言えます。

毎月の返済を軽減するには、元本に届くぐらいの返済を行う必要があります。
そのためには、金利が少しでも安いところの方が良いでしょう。
こういった人たちのために銀行が行っているローンがあり、それは、おまとめローンや借り換えローンと呼ばれているローンです。

これらのローンは多重債務者を対象としているため、融資審査を受けることの精神的な苦痛は少なくなります。

審査の基準は比較的厳しいのですが、借り手にとって有利な条件が設定されているため、審査に通って利用することができるのであれば、毎月の負担は軽減され、長期的な返済計画を立てることができるようになります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:多重債務

このページの先頭へ