費用を抑えて多重債務を解決するには、特定調停で手続きを取りましょう

多重債務を解決するために、法律に則り手続きを進める方法を債務整理と言います。
債務整理と一口に言っても4つの方法があり、最も一般的な手続きには任意整理があります。

任意整理は、弁護士を介して債権者と話し合い、借金の減額をしてもらうことで、任意整理後、借金を返済計画に基づき完済していくという手続きです。
しかし、弁護士に依頼しなくてはいけないので、結構な額の弁護士費用がかかるのがネックと言えばネックかもしれません。

そこで、費用をいくらかでも抑えて債務整理をしたいと言う方は特定調停を選びましょう。
任意整理は弁護士を介したのに対して、特定調停は簡易裁判所を介して債権者と自分が直接話し合い借金の減額をします。

費用面に関しては、弁護士に依頼すると数十万円かかるのに対して、数千円程度で済むのが特徴です。
費用を抑えて債務整理をしたいと言う人には、もってこいの方法だと言えます。

弁護士を介さないことから自分で債権者と交渉しなくてはいけないという問題はありますが、そこも大げさに心配する必要はありません。
調停委員会が主導となり、債権者との話し合いを合意に持っていくように促進してくれます。

1人きりで闘わなくてはいけないというわけではないので、その点は安心です。
ただし、確実に合意できると言う補償はなく、裁判所に出向く時間を割かなくてはいけません。

こういったデメリットが存在するのは確かですが、弁護士に依頼するよりも、かなり費用面で得するのも確かなことですのでチャレンジしてみるのもいいでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:多重債務

このページの先頭へ