誰にも相談が出来ない主婦が陥る多重債務への対処法

多重債務というと、イメージとしては収入に見合わないブランド品の購入や、ギャンブルへの浪費などを行なった結果として陥ってしまうものというイメージが強いと思います。
しかし、最近深刻になっている主婦が陥る多重債務に関しては、やむを得ない理由での借金が引き金となるケースが多くあります。

それは、大抵の家庭では主婦は家計を管理する役割を持っているからで、冠婚葬祭や急な病気等の予期せぬ出費が発生した時に、生活費が足りなくなって借り入れが始まります。

そこでの特徴として、借金をするのに抵抗感が比較的無く、コンビニエンスストアのATMなどでも簡単に借入れの出来るクレジットカードのキャッシングを利用されることが多いです。

それでも、この臨時の出費に関して短期間に補てんが行えて返済出来れば何の問題もありませんが、それが出来なくなった時に同じように容易な手段での借入れを行ってしまうことがあります。

また、家計を預かっているという責任感と、借金に対する恥ずかしさや後ろめたさなどから誰にも相談が出来ないというのも大きな問題です。

そのため自分でなんとかしようとして、最初のカードで限度額まで借入れたら次のカードでも同じように借入れといったように自転車操業が始まってしまいます。
近年、貸金業法の改正で年収の3分の1までしか借入れられない様になりましたが、こうして追い詰められると法外な金利を取るヤミ金業者の利用など、どんどん泥沼にはまってしまうのです。

そういった多重債務に陥った主婦の方も、場合にもよりますが弁護士や司法書士に早めに相談をすることで夫や周りに知られずに債務整理を行うことが可能なので、自分一人で悩まずにまずは相談しましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:多重債務

このページの先頭へ