多重債務の債務処理を司法書士に依頼するメリット

複数のクレジット会社や消費者金融からの借り入れにより、返済ができなくなってしまう多重債務者が増加傾向にあります。
それらの借金問題を抱え債務整理をする場合は、司法書士に依頼することをお勧めします。

まず、収入・支出、財産の有無、免責不許可の事由があるかどうかなどから、適切な債務整理の手続き方法を知ることが出来ます。
そして、債務整理の依頼をすれば「受任通知」が各債権者に発送され、債務者への督促行為が禁止され、直接的な交渉がなくなります。

執拗な取り立てもなくなり、精神的苦痛から解放された平穏な生活が送れるようになるでしょう。
債務整理の手続きには様々な書類の作成があり、用意しなければならない書類が多数あります。

これらの書類作成や資料収集といった面倒な作業を代行してもらえますので、時間的にも余裕が生まれます。
さらに、債務整理には専門的な知識が必要になりますので、経験と知識が豊富な専門家に任せることで、迅速かつ正確な処理が可能になります。

法律の専門家である弁護士と比較した場合、司法書士に依頼する大きなメリットといえば、敷居が低く報酬額が低額であるということです。
しかし、借金総額が140万円以下の案件に代理権が限られていますので、債務が少額の場合に向いています。

司法書士は、債務者の様々な事情を把握したうえで、適切な債務手続きの方法を選択できます。
自分の置かれている立場と借金の現状を把握することが重要なので、まずは無料の法律相談窓口などを利用してみるといいでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:多重債務

このページの先頭へ