多重債務問題に積極的に取り組む滋賀県

複数の金融業者から借入れを行って、自分の返済能力を超えてしまう多重債務の状態に陥った場合には、債務整理を行うことで生活再建が容易に行えます。
そのため滋賀県では、多重債務に陥ることの予防や相談窓口の設置などの施策を取りまとめました。

予防対策としては、この借金が本当に必要なものなのかといった点や、借りる相手がヤミ金業者ではないかという項目から、きちんと返せる額で家族や誰かに相談したかなどのチェックリストが掲載された啓発チラシの配布を行っています。

こうした啓発チラシには相談窓口に関しても併記しており、掲載されているのはリストラなどが原因の場合を想定とした求職者総合支援センターや中小企業の資金繰りの相談窓口、精神的負担で追いつめられた気持ちを和らげるためのこころの相談窓口などです。

また、債務整理についての相談体制としては、消費生活センターか最寄りの市町の消費生活窓口に繋がるホットラインで相談を受け付けている他、日にちは限られているものの借金問題無料相談会を開催しています。

これは、弁護士や司法書士が直接対面で、1件につき1時間の相談に応じるもので、先着順での予約制で会場は彦根駅から徒歩5分の滋賀県消費生活センターです。

面談での相談会に抵抗を感じる人向けにも、日にちは限られていますが電話相談に弁護士などが応じています。このように滋賀県では、社会問題化する多重債務からの生活再建やその予防について積極的に取り組んでいるので、滋賀に在住、在勤、在学している人は是非利用して下さい。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:多重債務

このページの先頭へ