多重債務への相談体制の整った三重県

栄町庁舎3階にある三重県消費生活センターでは、多重債務に陥り、生活が行き詰って精神的にも追い詰められるなど、様々な問題を抱えた人への相談にあたっています。

そのような状態に陥る原因として、クレジットカードの使い過ぎや予想外の失業、事故や病気により多額のお金が必要になるといったことが挙げられ、誰にでも多重債務に陥る危険性があると認識することが重要です。

三重県では、相談内容に応じて専門機関を紹介し、借金を整理する方法や生活の再建などについてアドバイスを行っているので、まずは電話をするように呼びかけています。
詳しい相談は、直接消費生活センターに出向くことにより、事前の予約は必要ありません。

この相談の際には、契約書や振込通知書などの契約内容が分かるものがあれば持参し、その相談の結果として、消費生活センターから弁護士や司法書士の紹介を行った場合には、1回目の相談料が無料となります。

こちらでの相談時間は、平日の午前9時から午後4時までです。
また、多重債務相談に関しては県内の市町でも行っており、消費生活センター同様に、弁護士や司法書士の紹介を行った場合には1回目は無料になる仕組みにも対応しています。

但し、各市町によって専門の相談員の配置の有無や、対応している窓口は異なるため、各市町での相談の際には消費生活センターや各市町のホームページ、窓口で確認して下さい。このように三重県では、多重債務問題の解決のために消費生活センターを中心として相談体制を充実させています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:多重債務

このページの先頭へ