多重債務とはどのような状態で、解決のためにはどのような方法があるのか

多重債務とは、借金を返済する為にさらに他の金融業者から借り入れをするという行動を繰り返してしまい、借金がどんどん膨らんでしまった状態を言います。

こうした事態に陥る背景には借金に依存してしまう体質も影響していますが、貸金業者間の競合や借り入れ審査の甘さ、融資限度枠の拡大などにより借りやすい環境になっていることも挙げられます。このような借金問題を解決する為には債務整理を行うのが一番で、この方法としては、任意整理・特定調停・個人再生・自己破産の4つがあります。

任意整理は、司法書士や弁護士に依頼して、利息や支払方法の変更を交渉してもらう方法で、これにより利息が減額され、将来の利息や延滞に対する損害金を返済する必要がなくなるため、毎月の返済額が軽減できます。

特定調停は、裁判所に申立てることで調停委員に交渉が委ねられる方法で、この方法も任意整理と同様に利息が再計算されて借金の減額が見込め、費用も安いというメリットがあります。

個人再生は、裁判所に再生計画が認められると原則5分の1になった債務を3年から5年で支払うという方法で、条件を満たせば住宅を保持したまま手続きが可能なのが大きな特徴で、住宅ローンが残っている場合にも利用することができます。

そして、返済能力を失っている場合には自己破産という選択があります。
この手続きを行う場合には一定額以上の財産が処分されてしまいますが、免責の確定を得ることによって借金は全額免除されます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:多重債務

このページの先頭へ