登記証明には、不動産登記、商業登記、後見人登記などがあります

登記事項証明書、いわゆる登記証明書は、日本において登記事務を行っている登記所にて発行されます。
これは、登記記録に記録されたことを証明するための重要書類です。

かつては、登記簿に記載する形をとっていましたが、現在では作業がシステム化され、登記はコンピュータを用いて管理されています。
登記証明には、不動産登記、商業登記、後見人登記などがあり、不動産登記は、不動産の所有者などを証明するものです。

所有者が複数の場合、その所有権の持分などについても記載されます。
土地だけでなく、建物の一部に関しても登記はされており、その全体について証明を行ったり、一部だけについて証明書を発行することも出来ます。
商業登記は、会社の商号や本店の住所などについての証明するものです。

変更事項は履歴として残り、閉鎖された場合の証明も行います。
また、不動産登記でも、閉鎖した事項に対し証明することが出来ます。
そして、後見人登記は、成年後見人について、青年被後見人、保佐人、補助人などを登記しています。

登記証明書は、権利を保護し証明する効力のある書類です。
管轄は法務省で、証明書が必要な場合は、管轄の法務局に申請しなければなりません。
しかし、登記されたデータを調べることは、比較的容易にできるようになっていて、インターネット上で情報を閲覧出来るサービスも存在します。

登記について、あまり馴染みのない方が多いと思いますが、新しく不動産を購入した場合や、相続した時などに必要になってくるものです。
代行してくれるサービスや、サポートしてくれるサイトなどをうまく活用しましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:登記

このページの先頭へ