登記申請書類として必要なもの

会社の設立や、会社の目的や商号、または役員の変更、本店移転や支店設置、増資や減資、取締役会や監査役などの設置および廃止、抵当権設定、不動産新築および不動産相続の場合などは、登記申請書と添付書類を管轄の登記所に提出する必要があります。

また、各種登記によって、登録免許税がかかります。
登記申請書の提出は、オンラインで提出する方法、CD-Rやフロッピーディスクなどに記録して提出する方法、OCR用申請用紙に記載する方法、申請書に直接記載する方法があります。

登記申請書類として必要なものは、登記申請書の他に、収入印紙貼付台紙、登記原因証明情報、印鑑証明書、委任状、住民票、資格証明書、軽減証明書、固定資産評価証明書などです。

登記申請書の各様式は、法務省のホームページからダウンロードすることが出来、A4サイズの横書きで片面のみの使用とします。

また、長期間保存可能な紙質のものを使用し、添付書類とともに左綴じにします。
申請書が2枚以上になる場合は、申請人または代理人が綴り目に契印することも必要です。

記載する文字は、字画を明確にしなければならず、誤記が出た場合は、その字数を欄外に記載するようにし、又は訂正し訂正印を捺印後、加入若しくは削除する文字の前後にカッコを付け、その範囲を明らかにします。

また、その字数を欄外に記載した部分、又は当該訂正、加入もしくは削除した部分に捺印し、収入印紙は申請書の表面か、印紙を貼る用紙に貼ります。
そして、印紙を貼った用紙と申請書の間にも契印します。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:登記

このページの先頭へ