登記事務所は対応が丁寧な事務所を選ぶことがポイントです

登記事務所は、主に土地家屋調査士が事務所名として利用しています。
司法書士が利用する場合もありますが、土地家屋調査士と兼業していたり合同で事務所を経営している場合が多く、土地家屋調査士は、土地や建物の物理的現況を調査する国家資格者で、測量や図面作成などの専門家です。

個人で登記事務所に業務を依頼する場合とは、例えば不動産を売却する前提として土地の図面を正確に作成しておきたい時や、土地の境界を明らかにしておきたいようなケースがあります。

登記事務所へ業務を依頼したい場合には、どのような点に注意して事務所を選べば良いのでしょうか。
まず、対応が丁寧な事務所がお勧めできます。
土地家屋調査士は、当然業務に関してはプロですが、あくまでサービス業です。

この点を誤解してしまっている専門家も少数ながら存在しており、感情面も含めてトラブルとなる可能性があります。
そのため、対応が安心できる事務所であることが大前提と言えるのです。

次に、依頼したい業務面についてのプロであることも重要です。
土地家屋調査士の業務は、土地の測量から建物の図面作成など多岐にわたっています。

例えば、土地に関する調査は得意でも、建物の調査は得意としていないという事務所もあり、プロである以上、自分の得意分野は当然ある反面、得意分野以外についてはあまり詳しくないということもあるようです。

ただ、自身が得意ではない分野である場合には、他の専門家を紹介してくれる場合もありますので、相談してみることで良い専門家と出会えることもあります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:登記

このページの先頭へ