不動産登記を中心に行われている登記事務

登記とは、一般に権利関係を公示する為に法務局で登記簿に記載することです。
登記の種類には、不動産登記と呼ばれる土地建物の売買・贈与などで所有権が移転した場合や、家を新築した場合の所有権保存の登記など、様々なケースにおいて必要となる手続きがあります。

その他、会社や各種法人の設立時や役員が変更された時など、一般に公示が義務付けられている内容を記載し、それにより取引上の安全や会社の信用を保つ役割があるのが商業登記です。

それと船舶の所有権・貸借権・抵当権を公示する船舶登記が加わったものを言いますが、一般的に登記というと不動産登記を指すことが多いでしょう。

その為、登記に関する事務を代行したりアドバイスをしてくれるのは司法書士が中心で日本各地に事務所がありますが、不動産を対象とした業務内容を示すところが目立ちます。基本的な業務内容としては、登記事務に関わる書類の作成業務です。

しかし、一つの事務所で様々な案件に応える為に、司法書士に加えて土地家屋調査士や不動産鑑定士などの不動産関係の有資格者も在籍することで、土地境界や評価額計算などを行うところもあります。登記は正しく行わないと、最悪の場合は権利が損なわれたり様々なトラブルに巻き込まれたりする危険性が考えられます。

このように、自分の権利を守る為に重要な登記事務は、自分の案件で必要な手続きを一貫して行える体制の整った司法書士事務所に依頼して、相談やアドバイスを受けて行うことをお薦めします。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:登記

このページの先頭へ