司法書士の方が不動産登記comを始めるなら今のうち

商品やサービス名称に「com」をつけて、○○com(マルマルドットコム)というサイトが多くあります。

利用者はサービス名称で検索を行うので、コムサービスはサービス内容が分かりやすいという特徴があり、また、SEO対策やアドワーズなどの広告などを出すことで検索順位を上げることができ、サービスのデファクトの印象を与えられるなどのメリットがあります。

特に、画一的なサービスを提供している保険や士業などに多く見受けられます。
現在、不動産登記comはまだサービスが提供されていないので、今後提供される可能性があります。
不動産登記は司法書士が行える仕事の一つです。

司法書士の仕事には、裁判所や検察庁、法務局などに提出する書類の作成や、不動産や商業登記などが挙げられます。
また、2005年の司法書士法の改正により、弁護士の業務であった訴訟のうち少額訴訟手続きが行えるようになったため、債務整理などに特化している司法書士もいます。

様々な業務が行える司法書士ですが、不動産登記と商業登記が大きなウェイトを占めている一方で、多岐に渡る分、何をしてもらえるのかが分かりにくくもあります。
そこで、特定の分野に特化して、PRしている司法書士も増えてきました。

今までの登記は地元の方に依頼するのが慣例でしたが、ネット社会になったことにより、今後は権利登記も地域関係なくPRや広告が掲載され、サービスが提供される時代が来るかもしれません。これから新しいサービスの展開を目指している方は、不動産登記comのサイトを始めてみるのも戦略の一つです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:登記

このページの先頭へ