商標は既に登録されているものは登録不可能ですので、出願する前にまずは商標検索サービスです

商標を出願し登録するためには、さまざまな手続きや調べ物が必要ですが、中でも重要なのはまず、出願しようとしている商標が、すでに登録されているかどうかを探すことです。
当然の話ですが、出願する商標が正式に登録されるためには、出願したものがすでに登録されていないことが必須条件です。

すでに正式に登録されているものはいくら出願したとしても認められることはありませんので、出願する前にすでに登録されているかどうかを確かめなければならないのです。
では、どうやってそれを確かめればいいのかというと、商標検索サービスを利用するという方法があります。

これは特許庁のホームページで無料で利用できるサービスで、その商標が実際に登録されているのか、そして登録されていた場合はその権利者はいったい誰なのかを調べることができるものです。
検索したいキーワードを入力すれば、それに該当するものを探し出してくれ、表示された情報からは、出願日や登録日、権利者の氏名や名称が確認出来ます。

検索方法もさまざまで、商標名だけではなく権利者や名義人から調べることも可能です。
たとえば特定の会社が所持している商標をすべて調べたい場合などは、権利者や名義人にその会社の名称を入力すると一覧で確認することが出来るようになっています。他にも検索方法はさまざまあり、組み合わせ次第では絞り込みなども簡単にできるため、使い方を調べながら商標検索サービスを利用しましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:商標

このページの先頭へ