特許庁の商標検索で商標訴訟を未然に防ぐ方法

企業が新しい製品を販売する場合や企業のブランドを設立する場合には、商標によって自社の製品やブランドの類似品を排除する必要があります。
検討している製品やブランドの商標がすでに登録されている場合に、それを知らずに商品の発売やブランドを立ち上げると商標権の侵害となって問題となることもあります。

特に酷い場合には訴訟に発展して多くの裁判費用と時間を浪費することになる可能性も出てくるので、このような事態を避けるために、商品の発売やブランドの立ち上げの前に、特許庁のホームページから商標検索を行うようにしましょう。

この検索システムによって、あらかじめ発売しようとしている商品やブランドの名称を検索し、同様の名称がすでに登録されているかどうかを知ることが出来ます。
このような検索を行う場合に大切なのは、登録されている商標が何の商品に対して登録されているかです。

この類似品に対して商標が登録されている場合には、商品などの名称を変更することが必要となりますが、商標がすでに登録されている場合でも、その商標を譲り受けることで問題を解決したりもします。
また、実際には使用されていないにも関わらず、一般的な商標を事前に登録して後に申請された商標を妨害するいわゆる、商標ブローカーも存在するので注意が必要です。

これらの商標争いについては、協議を行うにしても裁判で決着を付けるにしても、多くの労力が必要となることから、特許庁の商標検索によって過去に登録されている商標についての使用は可能な限り避けるのが得策です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:商標

このページの先頭へ