特許を取得し商標権で知的財産権を守っていこう

特許権とは、発明の保護をすることや、発明した事柄に関して産業界に寄与することも出来るようになっています。
例えば、自分が発明したのにも関わらず、発明に関して適切に保護されていなければ、発明した方にとっては不利益な状況に陥ってしまいます。

そこで、特許権というものを使います。
これは、発明した事柄に対して適切に一定期間保護する制度です。
その間は、その発明を公開することで産業界の発展につなげていきます。

この権利があるからこそ、保護されている安心感もあり、更に業界の技術向上に寄与する形となって今の産業界があります。

また、商標権があり、これは商標制度と言う制度があり、商標を保護することによって、使用する者が業務上の信用を維持すること、そして需要者の利益を保護するという意味も込められているものです。

特許権も商標権も同じように、制度を利用することで知的財産権が守られるという意味もあります。
知的財産権を守るということは、権利を得た企業や特許権を得た企業にとって、会社を守るために必要な制度とも言えます。

また、消費者は商品やサービスに触れる機会が非常に多いですが、商品やサービスがどういった企業により作られているのかも分かりやすく知る権利があり、目印となるマークなどを浸透させて消費者を安心させてくれています。

特許と商標、どちらにも言えますが、まずは当事者の保護を行い、そして需要者の利益を保護する意味がこの制度には込められているのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:商標

このページの先頭へ