特許電子図書館での商標検索の使い方

新しく起業をして会社名を付ける場合、商号としての会社名はある程度自由に付ける事が出来ますが、他社が同じ名前を使っており、これが商標登録されている場合には、特に同じ業務内容だと問題となる事があります。

それは、新しい商品やサービスに名前を付ける時も同様で、前もってこの名前を他社が登録していないかどうかを確かめる事が重要です。
そこで、IPDL特許電子図書館では、商標の検索サービスを行なっています。

その場合の手順として、インターネットで調べ物をする要領で、使いたい名称とこの商品等の種類を示す類似群コードを入力して検索をかけます。
この結果、他社の登録があった場合にはこの名前は再考が必要になりますが、出てこなかったからと言ってこれで終わりではありません。

この後は、この名称の前後に「?」を追加して前後にその名称が付く登録がないかをチェックします。
これで出てこなかった場合も加えて、称呼検索というもので類似した数文字違いの登録がないかというチェックを同じく特許電子図書館で行います。

これでもなければ、特許庁に商標登録を出願する事になりますが、この申請は簡単な手続きという訳ではない為、自分で行うよりも専門家である弁理士に依頼して再度チェックをしてもらい出願をする方がより確実です。

まずは、手順に従って検索サービスを利用して、自分の付けたい名称の候補を絞っておき商標登録に備えるというのが現実的な活用法だと言えます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:商標

このページの先頭へ