商標登録をする際には事前に商標確認をしましょう

商標とは、商品を購入する場合、もしくはサービスの提供を受ける際に、その商品やサービスがどこから提供されているかを認識することを可能とした標識です。
文字や図形、記号などによる形状から表す、販売・提供会社等を示したマークの事を指します。

これらのマークは、商品の販売に際しては商品本体や商品の包装などに、サービス提供の際には、使用される物や映像面などに表示されることで使用されています。

需要者が商品を購入したい、サービスを受けたいとする場合には、この商標を認識することによってどの商品を購入したいか、どんなサービスを受けたいか、どこから提供される商品か、サービスを選択したいかなどを選ぶことができます。

この商標が需要者への提供に際して継続して浸透していくと、使用される商標は需要者に広く知られ、信用ともいえるブランドとして財産的価値が備わります。

この財産的価値という定義は、特許をはじめ、著作権と同等の権利として知的財産が認められており、各種条約やその国の法律によって守られるというお墨付きになります。
これにより、需要者の利益は保護され、商標価値も保証されるでしょう。
また、商標登録をする際は既に登録されている商標は登録できません。

既に登録されている商標を勝手に使用して権利を侵害すると、損害賠償や差止請求などの訴訟を起こされることが考えられるほか、刑事罰の対象となります。
商標登録を考える際には特許庁登録商標検索をし、事前に商標確認をして、すでにある商標を侵害しない自社独自の商標を考えましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:商標

このページの先頭へ