商標登録には、商標出願料や登録料といったものが掛かり、更新にも費用が必要です

商標登録という言葉を耳にしたことのある人は多いのではないでしょうか。
商標は商品を購入したり、サービスを受ける需要者が、その品の出所や役務を認識するために使われる文字や図形などを指しています。
つまり、誰が作った商品なのか、どこが提供するサービスかを示したマークのことです。

商標が付けば自分達の商品を見分けられるだけでなく、商品の品質保証も表せますし宣伝にもなります。
また、ロゴやネーミングといった商標が登録されれば自社だけが独占的に使用できて、他社で同一のものは勿論、似たような商標も使えないなどのメリットがあります。

このような商標ですが、費用として特許庁へ特許印紙で商標出願料、商標登録料が必要です。
まず、商標出願費用は1区分につき12,000円掛かり、2区分ですと20,600円、3分類が29,200円と区分が増えるごとに8,600円ずつ加算されます。

次に、商標に登録する費用は10年分で1区分37,600円です。
こうした商標は10年ごとに更新登録が可能で、その際には更新登録料を支払わなければいけません。1区分の場合は48,500円、2区分なら97,000円で、区分が1つ増えるごとに48,500円ずつ支払い額が増えます。

さらに、少々割高になりますが前期と後期に分けた分納もでき、その場合は1区分28,300円で10年分の合計額は56,600円、2区分56,600円で10年分の合計額が113,200円となります。商標登録にはこのような費用が掛かるので、申請したいと考えている人はよく確認しておきましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:商標

このページの先頭へ