商標登録の価値と類似商標、同一商標とは

商標登録は先に登録した人に商標権が与えられる制度で、商品名やブランド名は企業にとって財産であり、継続的な利益を上げる為にも必要なものと言えます。
消費者は商品自体や商品の包装に付けられた商標を目にする事で希望する商品を購入し、逆に希望しない商品は購入しません。

サービスの商標登録の場合、役務は他人の為に行う労務や便益なのでそれ自体は無形物ですが、商標登録はサービスに使用されるものに商標を示します。
携帯電話インフラサービスを例に挙げると、携帯電話機器に商標を付したり表示したりします。

表示をする事で、自社の業務に関わるサービスである事を認識させるのです。
また、商標権を取得すれば指定商品または指定役務と同一・類似の商品などについて、同一商標もしくは類似商標を使用している人に対して商標権を主張する事ができます。

商標の類似とは、「同一または類似する商品、役務に使用すると需要者が出所の混同をするほど商標が似ている」事を指し、類似商標かどうかは主に3つの要素で判断され、1つは見た目が似ている外観類似、2つ目は呼び方が似ている称呼類似、そして3つ目が商標のイメージがついている観念類似です。

実際問題として類似性の判断は非常に難しく、トラブルになった事例においてもケースバイケースで、様々な判決が下されています。

商標法で商品やブランド名を保護する事は、企業にとって顧客の安心感を獲得し、独自ブランドに価値を与える事ができます。
現代のマーケティング分野においてはブランドの価値が高く評価されているので、商標登録を上手く活用する事は企業のさらなる発展に繋がるでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:商標

このページの先頭へ