民事再生に関する悩みを無料で相談できる弁護士事務所や公的施設、司法書士事務所は複数あります

民事再生を行った方が良いのか、その手続きはどうするのかなど様々な悩みを解消するには、弁護士事務所に相談してみるのが一番です。
弁護士法人アディーレ法律事務所では、電話やインターネットでの問い合わせ窓口を設けており、民事再生に関する相談は何度でも無料となっています。

「民事再生に関する悩みを無料で相談できる弁護士事務所や公的施設、司法書士事務所は複数あります」の続きを読む

カテゴリー:民事再生

東京には様々な法律事務所があり、民事再生を得意としているのがベリーベスト法律事務所とあすなろ法律事務所です

民事再生法とは、経済的に困窮している債務者の事業、または経済生活を救済する法律で、個人でこの制度を使いたいなら、法律のプロである法律事務所に相談してみましょう。東京には様々な法律事務所がありますが、それぞれ得意分野があります。

「東京には様々な法律事務所があり、民事再生を得意としているのがベリーベスト法律事務所とあすなろ法律事務所です」の続きを読む

カテゴリー:民事再生

民事再生手続には、弁護士への着手金や報酬、裁判所への予納金、当面の運転資金など用意しておかなければならない費用が多い

債務超過に陥って資金繰りに苦しむ状態になるなど、まだ破産原因は無いものの破産手続開始の原因が生じるおそれがある場合や、事業の継続に著しい支障を来すことなく債務を弁済できなくなった企業は、事業再建の為に民事再生手続を申し立てることができます。

「民事再生手続には、弁護士への着手金や報酬、裁判所への予納金、当面の運転資金など用意しておかなければならない費用が多い」の続きを読む

カテゴリー:民事再生

民事再生には法律などの専門的な知識が必要になり、それを弁護士に依頼することには様々な利点があります

持ち家を手放すことなく大幅に借金額を減らせる債務整理の手続きが民事再生で、この手続きは申立てまでには時間がかかる場合が多く、その間の取り立てに悩まされることがあります。

「民事再生には法律などの専門的な知識が必要になり、それを弁護士に依頼することには様々な利点があります」の続きを読む

カテゴリー:民事再生

民事再生をはじめとした債務整理の手続きに関しては、一部の弁護士事務所や市区町村などで無料相談が利用できます

借金の返済に困ってしまって悩んでいる場合には、債務整理を行うことで、生活再建に向けて新たなスタートを切ることができます。

「民事再生をはじめとした債務整理の手続きに関しては、一部の弁護士事務所や市区町村などで無料相談が利用できます」の続きを読む

カテゴリー:民事再生

借金返済の負担を軽減できる個人民事再生とは

個人民事再生とは、民事再生法13章にある「小規模個人再生及び給与所得者等再生に関する特則」に従って個人債務者が行える個人再生手続きの事です。
個人再生手続きには、小規模個人再生と給与所得者等再生の2種類があり、その他に住宅資金貸付債権に関する特則というものがあります。

「借金返済の負担を軽減できる個人民事再生とは」の続きを読む

カテゴリー:民事再生

民事再生規則とは民事再生法の規則の事で、再生手続きの申し立ての方法や監査委員の選任等の決まりが定められています

民事再生規則とは、平成11年に施行された民事再生法の規則の事で、再生手続きの開始や申し立ての方法、監査委員や調査委員の選任等、民事再生法に関わる規則が定められています。

「民事再生規則とは民事再生法の規則の事で、再生手続きの申し立ての方法や監査委員の選任等の決まりが定められています」の続きを読む

カテゴリー:民事再生

民事再生手続開始の申立と決定の流れと注意点

2000年に廃止された従来の和議法では、手続開始の要件は破産原因があることとされていたため、手続を行っても手遅れになってしまう場合が指摘されていましたが、廃止とともに施行された民事再生法でその要件が緩和されました。

「民事再生手続開始の申立と決定の流れと注意点」の続きを読む

カテゴリー:民事再生

民事再生申請から手続きの終結までには手順があります

会社の資金繰りが難しくなったり、買掛金や借入金が膨らんで経営に行き詰ってしまった場合には民事再生手続きが有効です。
民事再生申請は、裁判所へ民事再生手続きの申立て書類を提出し、弁済禁止の保全処分についても申立てを行い、予納金を納付して監督委員補助者を指定します。

「民事再生申請から手続きの終結までには手順があります」の続きを読む

カテゴリー:民事再生

債務整理の手段の一つの民事再生申立時には、裁判所への手続きに必ず費用が発生するので注意して下さい

多重債務に陥った人でも安定した一定の収入があり、将来もこの収入が見込める場合で住宅ローンなどを除いた債務総額が5,000万円以下の場合には、民事再生という債務整理の手段を利用することによって大幅な借金の減額が可能です。

「債務整理の手段の一つの民事再生申立時には、裁判所への手続きに必ず費用が発生するので注意して下さい」の続きを読む

カテゴリー:民事再生

このページの先頭へ