最新情報

2015年7月15日過払い
茨木市にも過払い請求に対応してくれる事務所が幾つかありますので、気軽に相談してみましょう
2015年7月15日任意整理
熊本には任意整理を含む借金問題に習熟する弁護士や司法書士の事務所が多数存在します
2015年7月15日任意整理
大阪で借金問題に悩んでいるなら任意整理の相談をしましょう
2015年7月14日就業規則
継続雇用制度導入に伴った就業規則改定の必要性
2015年7月14日就業規則
就業規則の見本は、厚生労働省がモデルとなる規則としてファイルを提供しています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

茨木市にも過払い請求に対応してくれる事務所が幾つかありますので、気軽に相談してみましょう

近頃よく耳にする言葉に過払い請求というものがありますが、これは払い過ぎた利息を返還請求することを言います。そういった過払い金として該当するものは、消費者金融やクレジット会社、大手のデパートカードといった貸金業者が利息制限法の最高限度を超えて取り立てていた利息です。

「茨木市にも過払い請求に対応してくれる事務所が幾つかありますので、気軽に相談してみましょう」の続きを読む

カテゴリー:過払い

熊本には任意整理を含む借金問題に習熟する弁護士や司法書士の事務所が多数存在します

借金の解決方法には、任意整理、特定調停、民事再生、自己破産の4種類があります。貸金業者からの督促が厳しさを増し、返済の苦しみから早く逃れたいと思うものの、法律的な知識も乏しく相談する人もいないと悩むケースが多く見られます。

「熊本には任意整理を含む借金問題に習熟する弁護士や司法書士の事務所が多数存在します」の続きを読む

カテゴリー:任意整理

大阪で借金問題に悩んでいるなら任意整理の相談をしましょう

複数の金融業者から借金を重ねてしまう多重債務に悩んでいる場合には、借金の総額や収入額などの状況に合わせた債務整理を行う事によって解決出来ます。

「大阪で借金問題に悩んでいるなら任意整理の相談をしましょう」の続きを読む

カテゴリー:任意整理

継続雇用制度導入に伴った就業規則改定の必要性

現在の日本は、超高齢化に加え少子化の問題にも直面させられています。
人口減少が叫ばれている中、最も危惧されているのが国内総生産の低下です。
人の数の減少は生産年齢人口の減少に直結しますので、国の生産力と競争力が低下する事を意味します。

「継続雇用制度導入に伴った就業規則改定の必要性」の続きを読む

カテゴリー:就業規則

就業規則の見本は、厚生労働省がモデルとなる規則としてファイルを提供しています

労働基準法の規定によって、常時10人以上の従業員を使用する使用者には、就業規則の作成と所轄する労働基準監督署長に届け出る必要があります。

「就業規則の見本は、厚生労働省がモデルとなる規則としてファイルを提供しています」の続きを読む

カテゴリー:就業規則

労働保険の適用事業所となる条件は労働者を1人でも雇用する事となっています

労働保険とは労災保険と雇用保険を総称するもので、労働者を1人でも雇用した場合には適用事業所として事業主が保険加入に必要な手続きを行う事が法律で義務付けられています。

「労働保険の適用事業所となる条件は労働者を1人でも雇用する事となっています」の続きを読む

カテゴリー:労働保険

勤務先の労働保険適用状況を厚労省サイトでチェック

労働保険には労災保険と雇用保険の二種類がありますが、それらの従業員に対する役割は重要です。

「勤務先の労働保険適用状況を厚労省サイトでチェック」の続きを読む

カテゴリー:労働保険

労働保険保険料申告書を使った手続きとその代行について

労働保険保険料申告書は、主に労働保険の年度更新に利用される申告書です。
労災保険と雇用保険を総称する労働保険の保険料は、毎年4月1日から翌年3月31日までの1年間の保険年度で計算し、全ての労働者の賃金に支払われる賃金の総額に、それぞれの保険料率を乗じて算定されます。

「労働保険保険料申告書を使った手続きとその代行について」の続きを読む

カテゴリー:労働保険

中小企業は労働保険事務の処理を労働保険事務組合に委託する事が出来ます

労働保険料の申告や納付等をする労働保険事務は、基本的には事業主が行わなくてはいけません。しかし、中小企業は労働保険事務の処理を労働保険事務組合に委託する事が出来ます。

「中小企業は労働保険事務の処理を労働保険事務組合に委託する事が出来ます」の続きを読む

カテゴリー:労働保険

2015年4月に、登録出来る商標の種類が海外の基準に合わせて追加されました

商標と言えば文字で表すものや図形で表わすもの、文字を図案化したものやキャラクター、容器の形や図形と文字や記号などを合わせたものが登録対象となっていましたが、2015年4月1日から新しい種類の登録が認められるようになりました。

「2015年4月に、登録出来る商標の種類が海外の基準に合わせて追加されました」の続きを読む

カテゴリー:商標

このページの先頭へ