労働基準法

労働基準法

国家公務員や地方公務員は労働基準法の適用を受ける

日本における公務員は、「国家公務員」と「地方公務員」の2つに分けることができます。 日本の公務員制度にあっては、特別職と一般職というものがあります。 公務員の特別職とは、選挙や国会の議決や地方議会の同意が必要とされている職にある者をいいます...
労働基準法

給与減額の限度は、労働基準法でその限度が定められています。

企業では、従業員の違反行為があった場合には、処分が下されることになります。 その処分とし最も多いのが、給与減額、つまり減給処分です。 減給処分は、労働基準法でその限度が定められています。 それは、減額される金額があまりにも高いと、従業員の生...
労働基準法

労働基準法違反の可能性がある時の相談窓口として、のハローワーク

会社などに雇用されて働いていると、様々な労働問題に巻き込まれることがあります。 会社が大きく多忙になるほど、過密労働、賃金格差、意に沿わない配転など、様々な労働問題が生じ得ます。 そして、労働問題が表面化した時、判断の基準となるのが労働基準...
スポンサーリンク
労働基準法

試用期間といえども、労働基準法上の解雇予告の手続きが必要になることがある

社員を採用する際に、面接や試験等を実施して入社をしてもらうことになりますが、その人の能力や適格性をそれだけで判断をするのは大変難しいものです。 人と人とのお付き合いでも、付き合ってみなければわからないことが多々あります。
労働基準法

派遣社員も労働基準法の適用を受け、社会保険にも加入しなければならないことがあります。

派遣労働者も、使用されて賃金の支払いを受けるということでは通常の労働者と変わりませんので、労働基準法の規定は原則として適用になります。 また、派遣法(労働者保険事業の適正な運営の確保及び派遣労働者の就業条件の整備等に関する法律)では、労働基...
労働基準法

労働基準法などの法令は、法文上で使われている用語に抽象性を伴う

行政の世界では、通達というものがよく使われます。 これは、法令の条文だけでは理解しにくい点を適切に解釈できるように、行政官庁内部でやりとりされている書類のことを指しています。
労働基準法

労働基準法によって定められている週40時間労働

労働者なら誰もが知っていることとは思いますが、週に40時間労働するということが労働時間の原則として、労働基準法で規定されています。 ここで言う40時間には、休憩時間は含まれません。
労働基準法

労働基準法の労働時間、休憩及び休日等の適用除外

労働基準法には、労働時間、休憩及び休日等の規定がありますが、第41条において、その適用除外が定められています。 その事業又は業務の性質、立場などにある人が、第32条の法定労働時間、第34条の休憩時間、第35条の休日、第40条の労働時間の特例...
労働基準法

使用者が労働者を解雇しようとした時は、労働基準法第20条により定められています

使用者が労働者を解雇しようとした時は、労働基準法第20条により、少なくとも本人に対して30日前に解雇予告をするか、30日前に解雇予告をしない場合は、30日分以上の平均賃金を支払うことが定められています。
労働基準法

振替休日と代休の違いは、労働基準法で明確にされています

振替休日と代休はよく混同されがちで、両者の違いが分かりにくいところがあるのは確かです。 しかし、両者の違いは労働基準法において明らかにされています。 休日を振り替えることとは、あらかじめ休みとしていた日と他の労働日を振り返ることをいい、つま...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました