就業規則

就業規則

就業規則の作成は会社のコンプライアンス向上に必須です

大企業の不祥事が日々取り沙汰される中、企業のコンプライアンス(法令遵守)は一つの社会的な課題となっています。企業の法令遵守の問題は決して一部の大企業においてのみ問題となるものではありません。 むしろ、日本の企業の99パーセントを占めると言わ...
就業規則

フレックスタイム制導入に伴い、就業規則で規定すべき事項について

フレックスタイム制とは、1ヶ月以内の一定の期間の総労働時間をあらかじめ定めておき、労働者がその範囲内で、各日の始業時刻と終業時刻を自分で選択して働くことができる制度のことです。 近年、ワークライフバランスに対する関心の高まりや、働き方の多様...
就業規則

介護サービス事業展開のための就業規則作成のポイント—労働時間管理について

介護サービス事業は高齢社会の展開に伴い、今後増加の一途が見込まれますが、この事業は物づくりを主としてきた従来の事業とは大きく異なり、人と人が接することによって成立する事業です。 そのため、事業成功のためには優秀な人員確保が極めて大きな課題で...
スポンサーリンク
就業規則

建設業の就業規則を作成する際は、移動時間、準備、片付けの含めて1日8時間労働となるように

就業規則とは、職場における労働条件を使用者が定めたルールのことをいい、常時10人以上が勤務する会社、事業所では必ず作成しなければならないと定められています。 なお、この10人には非正規雇用の労働者も常勤である限りは含まれます。
就業規則

裁判員制度に関する休暇をどう取り扱うかは現在法制化されていません。

労働基準法第7条は、労働者が労働時間中に公の職務を執行するために必要な時間を請求した場合はこれを拒んではならないとしています。2009年から施行された裁判員制度はこの公の職務に当たり、従業員が裁判員の仕事のために休暇取得を申し出た場合、企業...
就業規則

在宅勤務は通常の勤務形態と異なるため、就業規則の見直しが企業にとって急務となっています。

ここ数年働き方の多様化や出産後も働く女性の増加から各企業で在宅勤務を認める事例が増えてきています。 しかしながら、まだこれに伴う適正な就業規則の見直しが遅れていることがこれらの企業にとって課題となっているのです。
就業規則

中小企業で就業規則を作成する際は、社会保険労務士に委託した方が良いといえます

常時10人以上の労働者を使用する使用者は、労働基準法89条に基づいて就業規則を作成し、管轄内の労働基準監督署長に届け出る必要がありますが、これは作成だけでなく変更する場合も同様です。 大企業では人事部もしくは総務部において作成され、提出され...
就業規則

就業規則を従業員にコピーして渡す義務はあるのか

就業規則とは、使用者が作成する労働条件や職場規律について統一的に定めた会社・事業所のルールのことをいいますが、会社のルールである以上、この就業規則(以下、単に規則と呼びます)はコピーをして従業員に渡す法的義務はあるのでしょうか。
就業規則

就業規則のサンプル例を上手にアレンジする方法

就業規則(以下、説明の便宜上、単に規則と略称致します)とは、労働条件や職場規律を統一的に定めた職場のルールのことをいいますが、事業所で働く労働者が10人以上となった場合には、事業主に作成義務が課されます。 この10人にはアルバイトや嘱託社員...
就業規則

厚生労働省が基準や解説を設け、作成する会社の参考となるように配布しているのがモデル就業規則です。

就業規則とは従業員10人以上の会社は必ずこれを作成し地域(所轄)の労働監督基準署長にこれを提出しなければなりません。 この規則を作成するにあたって厚生労働省が基準や解説を設け、これを作成する会社の参考となるように配布しているのがモデル就業規...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました