労働保険

労働保険

労働保険事務組合には、一定の要件を満たすと、申請により報奨金が支払われます

中小規模の企業にとって、労働保険に関わる事務処理は大きな負担となりかねません。 そこで、労働保険事務組合として認可された事業主の団体が、事業主からの委託を受けて、労働保険料及び一般拠出金の申告・納付や労働保険の各種手続きをすることができる制...
労働保険

労働保険番号の基幹番号は、適用事業の業種等によって末尾の数字が変わります

労働保険番号は、14桁の番号で構成されていて、一元適用事業では労災保険の番号と雇用保険の番号が一つですが、建設業などの二元適用事業では労災保険用と雇用保険用の保険番号が分かれて管理されています。 所轄の労働基準監督署又は労働保険事務組合が発...
労働保険

労働保険の手続きのアウトソーシングのメリットについて

労働保険の手続きをアウトソーシングする企業は多いです。 では、企業が自社の従業員に保険の手続きをさせずに、外部に委託するメリットは何なのでしょうか。 まず、ポイントとなるのは専門性を有する人間に任せる方が安心であることが挙げられるでしょう。...
スポンサーリンク
労働保険

労働保険事務組合とは、中小企業の事務負担を手助けする団体です。

労働保険事務組合とは、厚生労働大臣の認可を受けて中小企業の事業主から委託を受けて、労働保険(労災保険・雇用保険)に関する事務を処理するための団体(最寄の商工会議所や社会保険労務士法人)のことです。 事務組合に事務を委託することが出来るのは、...
労働保険

労働保険料の会社負担は、労災保険と雇用保険によって異なります

労災保険は、労働災害補償保険法(労災保険法)により、労働者を1人でも使用する事業は労災保険法の適用を受けることになり、勤務中や通勤時の事故の際に、負傷や疾病、障害、死亡などの災害を受けた場合に、健康保険ではなく労災保険から被災労働者またはそ...
労働保険

労働保険の加入手続きは、一元適用事業は労働基準を監督する事務所に届け出る必要があります

労働保険とは、一般に労災(正式には労働者災害補償保険)といわれるものと雇用保険を併せたものです。 パートやアルバイトを含む労働者を1人でも雇用することがあれば、事業所の規模や業種を問わずに加入する手続きを行わなくてはなりません。 具体的に労...
労働保険

労働保険の加入条件は、正規非正規、業種や規模の大小問わず、労働者を1人でも雇用していることです。

労働保険とは、労働者災害補償保険と雇用保険とを総称した言葉です。 労働者災害補償保険とは一般に労災保険といいます。労災保険とは労働者災害補償保険法に基づく制度で、業務上災害又は通勤災害により労働者が負傷した場合、疾病にかかった場合、障害が残...
労働保険

保険給付に不服がある場合と労働保険審査会の役割

労災保険において、労働基準監督署長が行った保険給付に関する処分に対して不服があるときは、都道府県の労働局の労働者災害補償保険審査官に対して、処分が下った日から60日以内に審査請求を起こさなければなりません。一方、雇用保険において、公共職業安...
労働保険

労働保険の加入は義務です。面倒な作業は代行しましょう。

あなたの会社は労働保険にきちんと加入していますか。 現在働いている方や、仕事を探している方、労働保険は事業主と労働者が入らなくてはならない制度です。 事業主は一人でも労働者を雇っていたら加入しなくてはなりませんし、手続きが面倒、費用がもった...
労働保険

労働保険にかかわる事務手続きを、認可された組合に委託できる制度があります。

従業員を1人でも雇っている場合には、大企業でも中小企業でも労働者災害補償保険(労働者が業務上の事由でまたは通勤による負傷や疾病、死亡、障害についての災害を補償するもの)と雇用保険(労働者が失業した場合や職業訓練を受けた場合に給付金を出す公的...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました