労働保険

労働保険

労働保険と事業の種類ごとに決められている労災保険料率について

労働保険とは、労災保険と雇用保険の両保険を併せた総称です。 労災保険は、業務上または通勤時に労働者が災害に遭って負傷や疾病にかかった場合や障害が残った場合、死亡した場合等に、被災労働者もしくは遺族に対して所定の保険給付を行う制度で、労災保...
労働保険

労働保険に関する事務処理代行資格を厚生労働大臣から受けている東京都労働保険協会

人を雇う以上絶対不可欠となる労働保険の手続きは、会社側にとって大変厄介な作業になるのではないでしょうか。東京都台東区蔵前に所在地を置く東京都労働保険協会では、それらの届出書類の作成・提出・代行をしており、社内での事務処理に費やす時間と労力、...
労働保険

事故を起こしたばかりでなく、労働保険未加入ともなれば信用は失墜し、大きな損害を被ることにもなります

通常、事業主は労働者を雇い入れた日から10日以内に、所定の保険関係成立届を労働基準監督署や公共職業安定所に提出し、労働保険の加入手続きを行います。 ところが、政府が管理運営している強制的な保険であるにも関わらず、労働省の推定では90万もの事...
スポンサーリンク
労働保険

労働保険の重要な資金基盤である労働保険特別会計

昭和22年に失業保険事業などの経理を明確するために設置された失業保険特別会計と、労働者災害補償保険特別会計が昭和47年に一元化されたのが労働保険特別会計です。
労働保険

東京での労働保険窓口・保険料給付・徴収等は東京労働局が行っています

労働保険には、一般的に「労災保険」と呼ばれている労働者災害補償保険と雇用保険が含まれています。労働保険の管理は厚生労働省ですが、実際の窓口は厚生労働省の地方支部局である労働局が行っており、全都道府県に置かれていますので、東京の場合では東京労...
労働保険

労働保険代理人選任届は、事業主の代理人を選任・解任した時や、選任された代理人に変更事項があった場合に提出が必要になります

労働保険代理人選任届は、正しくは労働保険代理人選任・解任届という名称です。 この労働保険代理人選任・解任届は、雇用保険被保険者関係届出事務等代理人選任・解任届や、労働者災害補償保険代理人選任・解任届とセットになっています。
労働保険

前年度の年度更新の際に申告・納付した労働保険料が、確定した金額より多ければ還付されます

事業主は、労働者を一人でも雇っていれば労働保険に加入して、労働保険料を納付しなければなりません。雇用保険と労災保険の2つの保険を総称して労働保険と言い、労働保険料として毎年一緒に納付します。但し、年度当初に概算額を計算して申告・納付し、翌年...
労働保険

労災保険と雇用保険を総称した労働保険は経営者は加入できませんが、特別加入制度を活用すれば万が一の際に安心です

企業が入る社会保険は、労災保険と雇用保険を総称した労働保険と健康保険、介護保険、厚生年金といった社会保険に二分されます。 ケガや病気は業務上を問わず、いつ自分自身に降りかかってくるか分かりません。
労働保険

中小企業の事業主に限り、一定の要件を満たせば、労働保険事務組合に委託して事務処理を行う事が認められています

労働保険事務の処理は、通常、事業主が行うべきものです。 しかし、中小企業の事業主に限り、厚生労働大臣の認可を受けた労働保険事務組合に委託して処理を行う事が認められています。ただし、委託して処理を行うには特別の法律関係に従い、一定の要件を満た...
労働保険

労働保険料の損金算入の時期等についての規程がありますので、これに則った損金、益金の仕訳処理をします

日々仕事に励む労働者にとって、毎月の給料日は楽しみなものです。 殆どの会社では銀行振り込みの形で支払われていますが、給与明細書は手元に届くことになります。総支給額からあらかじめ定められた控除があるため、実際に支給される額は少なくなっています...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました