訴訟

訴訟

騒音問題において訴訟は最終手段であり、まずは大家、そして警察に相談します

集合住宅だけに限らず、隣近所からの音は非常に気になるものです。 その音が生活に害を及ぼすほどの大きな音であったり、不快なものであると騒音となってしまい、長い間続くと心身ともに影響が出てきてしまいます。
訴訟

共同訴訟は、多数の当事者が原告または被告となります

民事訴訟では、原告と被告の1対1で訴訟をするのが原則です。 原告と被告が1対1で主張立証を繰り返し、審判対象たる権利義務を争う形式となります。
訴訟

税務訴訟の概要の具体的プロセスについて

税務訴訟とは、租税に関する行政処分の違法を理由として、その課税行政処分の取消しや修正を求めて裁判所に提起する事を言います。 当該制度は、納税者の法律上保護された権利を守り、かつ租税法律主義を貫徹するために設けられた制度です。
スポンサーリンク
訴訟

民事訴訟手続きの一般的な流れについて

民事訴訟手続きは、民事上の権利や法律関係が存在するかどうかを判断し、私人間の紛争の解決をはかるという手続きです。 また、民事訴訟手続きは、訴えの提起によって開始され、裁判所が職権によって訴訟を開始するということはありません。
訴訟

銀行を被告とした訴訟(銀行訴訟)における証拠収集の問題点

銀行との間で法律的な紛争が生じた場合、最終的には銀行を被告として訴訟を提起することになります。 銀行は、法人として法律上では人として扱われますので、銀行を被告として訴訟を提起すること自体は法律上全く問題はありません。
訴訟

マンション訴訟に見る行政指導の特徴とは

昭和60年に実際にあった訴訟事案を例に、行政指導の特徴を考えます。 マンション業者がA市に大規模なマンションの建築確認を申請しましたが、周辺住民はその建設に反対でした。 そこで、住民はA市に陳情を行いました。
訴訟

簡易裁判所における訴訟手続の特則

簡易裁判所は、比較的少額の軽微な事件を対象にしており、市民が利用しやすいように簡易化された手続きで、迅速に紛争を解決できることを目的としています。 そのため、訴訟での手続きが簡略化されており、まず、訴状を作成しなくとも訴えを提起することが可...
訴訟

訴訟期間が長すぎるとどうなるか

訴訟に時間がかかることは古今東西を問わず常識といってよいのですが、裁判の全てが遅いわけではありません。
訴訟

訴訟代理人とは、本人に代わって訴訟を遂行し、代理人として訴訟行為をする立場にある者をいいます

訴訟代理人とは、本人に代わって訴訟を遂行し、代理人として訴訟行為をする立場にある者をいいます。 訴訟上の行為は、一つ一つの行為に訴訟法上の意味や効果があり、結果を十分に理解しないまま訴訟追行をしてしまうと本人にとって不利益となってしまいます...
訴訟

訴訟提起とは裁判を起こすことをいい、民事訴訟が最も多くなっています

訴訟提起とは、簡単に言うと裁判を起こすということです。 訴訟には犯罪に関する事件を扱う刑事訴訟や、国などを相手とする行政訴訟などがあります。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました