雇用保険

雇用保険

雇用保険とは、厚生労働省が管轄する社会保障事業です

雇用保険とは、労働者が何らかの理由により失業をしてしまった場合や、日々の生活の安定と再就職の促進のために失業等給付を支給し、労働者をサポートする社会保障事業です。
雇用保険

定年退職後の雇用保険の受給について

かつては、定年退職をした後に失業保険を受給しながら年金を受け取ることが出来たのですが、現在では両方を同時に貰うことが出来なくなっています。 これは、平成10年3月より決まった制度で、その理由については、国の年金財政が枯渇しているというのが現...
雇用保険

雇用保険により失業給付を受けている間に次の就業先が決まった場合には、再就職手当が支給されることになります

雇用保険により失業給付を受けている間に次の就業先が決まった場合には、再就職手当が支給されることになります。 これは、早めに次の就業先を決定することが条件になってきますが、その支給額は、所定失業給付日数の残りの日数(支給残日数)によって異なっ...
スポンサーリンク
雇用保険

雇用保険受給資格証は大切に保管しておく

雇用保険受給資格証とは、失業保険を受給するために必要な書類のひとつです。 ハローワークに失業給付を受けることを申請した後に、雇用保険説明会で受け取る書類で、支給番号や支給の理由、支給金額などが印刷されており、支給の手続きに行く際には必ず持参...
雇用保険

パートなど、非正規の方が雇用保険受給するには、離職までの2年間で通算12ヶ月以上の保険加入が必要です

雇用保険とは、失業時の一時的な収入減少回避と次の再就職に向けた準備といった目的を総括した、国が管轄、提供している給付保険制度のことです。
雇用保険

雇用保険の保険料の対象となる賃金について

雇用保険は、離職した場合にハローワークに手続きを行うと基本手当て日額が決定して、それに基いて給付されるものです。 その基本手当て日額については、離職した日の直前の6ヶ月間に、毎月決まって支払われた賃金から算定されることとなります。
雇用保険

雇用保険の失業給付を算出するには、まず1日あたりの賃金額を示す賃金日額を計算します

雇用保険は、失業中の給付として、一定の受給条件を満たした人であれば誰でももらうことができるものです。 そうした雇用保険の中でも、一番基本的な部分となる基本手当と言える失業給付は、失業前に勤めていた職場からもらっていた賃金から算出されることに...
雇用保険

雇用保険の資格喪失の手続きの注意点

雇用保険に加入している会社の従業員が、離職などにより被保険者でなくなった時や、被保険者としての資格要件に該当しなくなった時は、雇用保険被保険者資格喪失届と被保険者離職証明書を、被保険者でなくなった日の翌日より10日以内に会社を管轄する公共職...
雇用保険

雇用保険を取得する基本的な流れについて

雇用保険とは、その取得条件を満たした失業者に対して支給される、保険自体またはその制度全般を指した言葉です。
雇用保険

雇用保険被保険者資格に関する基礎知識

失業時に雇用保険を受給するためには、在職中に雇用保険に加入していることが最低限必要な条件です。 雇用保険に加入したと同時に、加入した、すなわち被保険者となったことを証明する資格となる、雇用保険被保険者資格を得たことにもなります。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました