商標

商標

国際商標出願は、日本の場合は特許庁を通じて行います

国際商標出願は、日本の場合は特許庁を通じて行うようになります。 商標の国際登録はマドリッド協定議定書に基づいており、スイス・ジュネーブの国際事務局「WIPO」によって管理されています。
商標

商標使用料の相場は、売り上げの3%から5%、専用使用権については10%程度と言われています

商品や役務について独占的な使用を認める商標権ですが、自分で使用するだけでなく、他人や企業に使用させても良いことになっています。 これをライセンスと言い、商標権者がライセンスを受ける人から商標使用料を受け取り、使用の許可をします。
商標

アメリカの商標登録に関しては使用主義という考え方が取られています

日本では出願・登録を得ることによって商標権が発生しますが、アメリカにおいては使用主義を採用しており、実際に使用していない場合には権利は発生しません。
スポンサーリンク
商標

商標登録の申請を行った際、特許庁の審査で登録が認められないと判断された場合には拒絶理由が通知されます

商標登録の申請を行った際、特許庁の審査で登録が認められないと判断された場合には拒絶理由が通知されます。 これに対し、商標権の取得を希望する場合には、通知があった日から40日以内に特許庁に対して意見書や手続き補正書を提出する事が可能です。
商標

商標登録を行うには、弁理士に依頼した場合に支払う費用や特許庁へ支払う手数料などがかかります

商標登録を行うには一定の費用がかかります。例えば、弁理士に依頼した場合には、商標が既に登録されてないかどうかを調べてもらう調査費、特許庁に商標を出願する際の出願費、特許庁の審査が不許可だった時に審査官と交渉を行う審査対応費、特許庁の許可が下...
商標

商標法の細かい運用方法を記載する商標審査基準

日常生活の中で食品や洗剤、衣料品などを買い求める時に何を基準に選んでいるでしょうか。 意外と気がつきませんが特定の商品名を探している場合が多いもので、何でもいいのではなく慣れ親しんだブランドがあり、そうしたものが身近な商標と言えます。
商標

商標登録の方法は煩雑な手続きなので迷った時には専門家に相談しましょう

会社設立の際の会社名や、新たなブランドの立ち上げによる名称を決定する時には、トラブルを回避するためにも同じ業種やサービスに対して、同じものや類似したものがないかをチェックすることが重要になります。こうした調査をクリアした名称に関して権利の保...
商標

商標登録、意匠登録、著作権の特徴と登録方法について説明します

商標登録は、名称や記号、キャラクターなどを登録するもので、一般的には二次元の平面状の登録ですが、立体的な形状の登録も認められています。 商品名やサービス名、ブランド名等を平面的もしくは立体的に表示する、識別標識を保護する役割を果たしています...
商標

アルファベットのRを丸で囲った記号の事を登録商標マークと言います

登録商標マークとはアルファベットのRを丸で囲った記号の事で、このRは「Registered Trademark(登録商標)」の頭文字で、日本では、Rマーク(アールマーク)やマルR(マルアール)と呼ばれる事もあります。
商標

米国商標に関しては、まず5つの出願の基礎の概念を理解することが大切です

商標と言うと難しく考えがちですが、商品を購入する時や、銀行・保険・レストランのサービスなどを受ける際に目印となるものです。 又、それらの商品を提供する企業側にとっても、他社のものとの区別や、商品や企業のイメージアップの為に重要な存在になりま...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました