民事再生

民事再生

民事再生手続きの大まかな流れ

民事再生法は、債務を抱える者の事業や経済生活の再生を図ることを目的に平成11年に制定され、翌12年に施行されました。 倒産法の一つですが、従来の和議法が今日の経済実態にそぐわなくなってきた為廃止され、より早期の段階で迅速に再建手続きを進める...
民事再生

個人民事再生の体験談は悩みを抱えていなくても有益です

個人民事再生の体験談は、インターネットで検索をかける事で、個人のブログやそれを手助けする弁護士や司法書士の事務所などのHPといったもので簡単に読むことができます。
民事再生

民事再生の法律とその役割

民事再生法の目的は、「経済的に窮境にある債務者について、その債務者の多数の同意を得、かつ、裁判所の認可を受けた再生計画を定めること等により、当該債務者とその債権者との間の民事上の権利関係を適切に調整し、もって当該債務者の事業又は経済生活の再...
スポンサーリンク
民事再生

札幌近郊で民事再生を考える個人・事業主が相談出来る事務所

札幌市にある坂東法務事務所は、「すべては依頼人の利益のためにあり」という理念を持つ司法書士事務所で、多重債務等による債務整理について様々な提案を行っています。 その中で個人民事再生とは、管轄する裁判所に申し立てを行い、認可されると借金の減額...
民事再生

塩見ホールディングス民事再生までの道

建設コンサルタントの株式会社塩見ホールディングスは、広島市に本社を置き、1980年当時大阪2部に上場していた株式会社塩見のグループ再編を目的として設立された持ち株会社として、同時に大阪2部に上場していました。
民事再生

松村組の民事再生申請の背景について

明治期に創業した中堅ゼネコンの松村組は、2005年5月に大阪地方裁判所に民事再生手続きの申請をして、事実上の倒産を経験しています。 その後再建スポンサーが決まり、民事再生手続きを行ったうえで、新しいスタートを切って現在に至ります。
民事再生

大日本土木の民事再生は想定外だった

バブル崩壊以降、建設業界はとても厳しい経営状況を余儀なくされてきました。 バブル経済の到来で、建設業界は次々とゴルフ場開発やディベロッパー開発に着手し、飛ぶ鳥を落とす勢いで事業を展開し売り上げを上げてきました。
民事再生

東新住建民事再生法の適用の理由

2009年1月9日、分譲マンション販売で事業展開していた東新住建が、民事再生法の適用を申請しました。 倒産時の負債総額は430億円で、これを受けてジャスダック市場は、上場廃止と発表しました。
民事再生

民事再生計画を立てて再生の一歩を踏み出そう

民事再生と言いますと、会社が経営に行き詰ってしまい、会社を存続させるために行われる措置だと思われがちですが、実は個人の民事再生もあります。 もちろん、個人でも同じように債務が増えすぎて、これから先、生活していくのに困難な状態に陥ってしまった...
民事再生

民事再生法における個人の再生について

民事再生法とは、日本における倒産法の1つで、経済的な困難に陥っている債務者の事業や生活の再生を目的とした法律です。 この中で、債務者の生活のための再生手続きとして、小規模個人再生及び給与所得者等再生の特則が設けられています。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました