登記

登記

不動産登記を中心に行われている登記事務

登記とは、一般に権利関係を公示する為に法務局で登記簿に記載することです。 登記の種類には、不動産登記と呼ばれる土地建物の売買・贈与などで所有権が移転した場合や、家を新築した場合の所有権保存の登記など、様々なケースにおいて必要となる手続きがあ...
登記

商業登記法には、登記申請手続きのルールが定められています

商業登記法とは、商法、会社法などの規定に従い、取引に関する事項で公にしておくことが有用であると考えられる事項を登記するための手続きを定めた法律です。 登記とは、一定の事項を国家が管理する帳簿に記載する手続きであり、商業登記では、取引に関する...
登記

建物を取り壊した場合の建物滅失登記

建物を新築した場合や建物を売買により取得した場合には、登記を行い所有者が自分であることを公に示す必要があります。 登記が行われていなければ権利を第三者に示すことができませんので、速やかに登記申請をすることが大切です。
スポンサーリンク
登記

会社の本店登記(本店移転の登記)の手続きと注意点

会社の本店は、事業活動の本拠地となるものです。 会社の本店所在地は、様々な取引をする上で重要となりますので登記によって公示されます。
登記

住宅ローンと債権登記の基礎知識

住宅を購入する際には、可能な限り手持ちの現金で資金を調達することが理想ですが、実際には銀行などから借り入れを行うことが通常となっています。 さらに、ローンの借り入れの際に担保として、不動産に抵当権などの債権登記を行うことが通常です。
登記

会社が解散した時に必要な会社解散登記

会社が解散する場合、完全に会社がなくなるのではなく、営業などは行わないで、残った債権の回収や借入金の債務の返済など残務処理を行うための清算会社となります。 解散が行われていても会社自体は存在することになるので、登記ではどのような扱いを受ける...
登記

土地の分割を行う場合の分筆登記

土地や建物を購入したり、新しく建築したり、譲り受けた場合には、登記というものが必要になってきます。 土地や建物などの不動産は、私たちが保有する財産の中でも特に大きな金額の財産となるために、登記というものが存在しています。
登記

仮登記とは、本登記が行われるまでの優先順位を保全しておくために行われています

中古住宅の購入の検討を行う際に、その住宅の登記情報ついて調べてみると、仮登記と言われるものが付けられているケースがある場合があります。 これはあまり見られることではありませんが、だからといって珍しいものでもありません。
登記

登記印紙の新規の発行は中止されています

登記印紙とは、法務局で登記事項証明書の請求や公図の閲覧、登記申請などを行う際に、その手数料を納付するために用いられた印紙です。
登記

登記事務所は対応が丁寧な事務所を選ぶことがポイントです

登記事務所は、主に土地家屋調査士が事務所名として利用しています。 司法書士が利用する場合もありますが、土地家屋調査士と兼業していたり合同で事務所を経営している場合が多く、土地家屋調査士は、土地や建物の物理的現況を調査する国家資格者で、測量や...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました