登記

登記

取締役の変更登記が必要な場合には、辞任や解任、任期満了などがあります

会社において、会社の業務決定に関する意思決定に関与する者として、取締役を必ずおかなければなりません。 取締役は、会社設立時の場合を除いて、株主総会において選任します。 そして、選任した後は法務局で登記申請をすることとなります。
登記

不動産登記の登記原因の種類について

普段の生活では馴染みの無い不動産登記ですが、登記の内容を変更するにあたっての登記原因に幾つもの種類があります。 一般的なものは建売住宅やマンションを購入した際の所有権の移転登記ですが、実際にはこれ以外にも多くの種類が存在しているのです。
登記

登記申請書類として必要なもの

会社の設立や、会社の目的や商号、または役員の変更、本店移転や支店設置、増資や減資、取締役会や監査役などの設置および廃止、抵当権設定、不動産新築および不動産相続の場合などは、登記申請書と添付書類を管轄の登記所に提出する必要があります。
スポンサーリンク
登記

所有権移転登記の時の必要書類

土地や建物などの不動産を所有している人は、その財産を公に公開するために、法務局で不動産の権利関係を登録する不動産登記というものを行います。 ケースにより様々な種類がありますが、一番オーソドックスで良く知られているものが、所有者の変更が行われ...
登記

抵当権の抹消登記のいろいろ

抵当権とは、銀行などから借り入れをした際に、主に不動産を対象として担保を取ることをいいます。 担保を取る際には、当該不動産が担保となったことを公に示すため、抵当権設定登記をします。
登記

法務省のオンライン登記申請手続きのいろいろ

各種登記の申請は、管轄法務局へ出頭し、窓口で本人又は代理人が行うことが原則です。 しかし、法務省のオンライン申請システムを利用することで、法務局へ出頭することなく申請をすることが可能となっています。
登記

表示登記は、住宅ローンなどの借り入れの際に必要になる登記です

建物を新築した場合、その建物は何の登記もされていない状態です。 そのままでは、その建物を担保として住宅ローンなどの借り入れをしようと思っても抵当権設定ができないので、結果的に借り入れすることはできないことになってしまいます。
登記

自分で表題登記をする場合の基礎知識

家を新築した場合には、表題登記をしなくてはなりません。 日本の法律では、原則として建築後の1ヶ月以内までに行わなくてはいけないものとなっています。
登記

オンライン登記のメリットとデメリット

不動産、商業登記は従来書類を法務局に提出することで行ってきましたが、税金の納付や申告など、近年の諸手続きのオンライン化に伴い、インターネットでも出来るようになりました。
登記

登記情報提供サービスの内容と利用制限について

平成22年に登記情報提供サービスが改定され、従来よりも使いやすい制度となりました。 新しい登記情報提供サービスは、具体的には以下のような内容となっています。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました