会社設立

会社設立

シンガポールに会社設立するメリットは大

IT関連や金融関連などを中心に、シンガポールに会社を構える企業の数が増えています。 それは、シンガポールでの会社設立に大きなメリットがあるからです。 まず、インフラ設備が整っているので停電などの心配はなく、車や電車での移動がスムーズであるこ...
会社設立

海外における会社設立のメリットとデメリット

経済のグローバル化に伴い、大企業だけではなく中小企業の海外進出も増え始めています。 そこで、国際的な会社設立のポイントについて考えていきましょう。 まずは、進出しようとする国がどのような国であるかを調べることから始めます。
会社設立

法人としての株式会社設立と合同会社の違い

新会社法が2006年から施行されて数年が経過しました。 新会社法の目玉となる改正点の一つに、株式会社の設立における最低資本金制度の撤廃が挙げられます。
スポンサーリンク
会社設立

労働者派遣会社設立するための基礎知識

正社員やアルバイトなど企業に直接雇用されて働くのではなく、別の会社で雇用されるという派遣という働き方が注目されています。 派遣事業は拡大しており、労働者派遣会社設立を検討する人もいます。
会社設立

会社設立手続き代行の報酬について

会社設立手続きはご自身で行うことも専門家へ依頼して行うこともどちらも可能です。 会社設立手続きの専門家としては、司法書士、行政書士、税理士などがいます。 専門家へ依頼した場合、報酬の相場はどの程度になるのでしょうか。
会社設立

会社設立時には社会保険を取り扱う事務所に出向いて新規適用になったことを届け出る必要があります

会社設立を行い法人として新たなるスタートを切るときには、社会保険への加入という問題が出てきます。
会社設立

株式会社設立時における取締役の選任方法

取締役は会社の業務執行の意思決定をする立場にあります。 会社設立後においては株主総会の決議で選任されますが、会社設立手続きにおいては以下のように選任されます。 まず、会社の根本規則である定款に記載し、定款で選任することが可能です。
会社設立

会社設立のための出資と会社の種類について

現在は個人で事業を行っていて、事業規模拡大のために会社設立を行う場合や、ベンチャー企業を立ち上げて、新たに会社を設立する場合など、会社形式での事業運営が経営上有利な場合があります。
会社設立

定款には、会社の目的、つまり事業内容を必ず記載せねばなりません

会社設立手続きにおいてはじめに作成しなければならないのは定款という書類です。 定款は、会社の根本ルールであり、法令に反しない限り、会社運営のルールは定款自治という発想のもと、自由に作成することが出来ます。
会社設立

株式会社設立手続き代行の専門家を選ぶ際のポイント

株式会社設立の手続きは定款の作成、出資の履行、設立時役員の選任、調査を経て設立登記の申請によって完了します。 定款作成に始まる会社設立の手続きは複雑であり、作成したり用意する書面も多く、すべてをご自身でされることは骨が折れる手続きです。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました