年金

障害厚生年金の支給要件について

厚生年金の保険給付には、老齢厚生年金、障害厚生年金、遺族厚生年金などがあります。 そのうち、障害厚生年金について説明します。
年金

年金収入を少しでも多くする方法

国民年金は、現在のところ20歳から60歳になるまで保険料を支払って、65歳になってから受給する権利が発生する制度です。 保険料は、現在毎月14,980円です。 65歳からの受給で、年間786,500円が受け取れます。
年金

家庭を持つ時にプラスとなる加給年金の基礎知識

厚生年金には、ベースとなって各個人の老後に対して支給される、老齢年金と呼ばれる部分があります。 これは、民間の労働機関に属している間に、給料の一部を保険料として納付する行為を所定期間行った時、老後の受給が認められるお金です。
スポンサーリンク
年金

障害基礎年金の受給要件

国民年金の保険給付には、老齢基礎年金、障害基礎年金、遺族基礎年金などがあります。 このうち、障害基礎年金について説明します。
年金

国民年金の未納者の状況と対応

国民年金は、満20歳以上の国民が加入する義務があります。 加入の義務の必要な人は、一般企業に加入する社会保険の適用から外れた20歳以上の国民です。
年金

年金受給者になるための要件

退職の時期が近づいてくるとどうしても気になるのが、年金の話です。 年金は、その支給額が変わったり、保険料が変更されたりと、毎年何かと制度の内容が改正されています。
年金

老齢厚生年金の概要と計算式について

企業等に勤める人で、所定の労働時間(その企業の正社員である人の概ね4分の3以上)働いている人については、その企業が厚生年金に加入する義務がある場合、厚生年金保険料を納付することになっています。
年金

サラリーマンの厚生年金。いくらもらえるか計算してみよう

長いこと働いて手にする年金ですが、一体いくらもらえるのかが良く分からないという方は多いのではないでしょうか。 年金の計算方法で必要になってくるものは、現在までの年金を納めた加入期間とその標準報酬額を知らなければなりません。
年金

老齢基礎年金の支給要件について

国民年金の保険給付には、老齢基礎年金、障害基礎年金、遺族基礎年金などがあります。 そのうちのひとつ、老齢基礎年金について説明します。 この年金の支給要件は、原則として25年の受給資格期間を満了したものが65才になった時に支給されるものです。...
年金

損をしないために確認が必要な年金受給資格について

年金受給資格とは、文字通り年金を受け取る資格のことです。 年金を受け取るためには、誰もがこの資格を満たしておく必要があります。 基本的にこの資格は、月ごとに決められた金額の保険料納付を行った月数で決められています。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました