特許

特許

東芝ソリューション株式会社の特許翻訳が出来るソフト

東芝ソリューション株式会社では、企業のグローバルな経済活動を支援するために言葉の壁の克服が必要とされるとして、翻訳ソフト「THE翻訳プロフェッショナルV15特許エディション」を発売しています。
特許

発明が特許登録される要件と出願の流れ

何か今までに無いもの、あるいは今まであったけれど従来のものより便利なものを考え出すことを発明と言います。 これを法的に守る為に特許制度がありますが、この登録に必要な要件を満たさなければなりません。
特許

決して簡単とは言えない特許出願手続き

特許を受けるには、発明等の説明の書類を特許庁に提出して、必要な要件を満たしているか審査を受ける必要があり、この書類の提出を特許出願と言います。 書類といってもアイデアや発明をそのまま出せば良いという訳ではなく、特許庁で指定された様式で提出し...
スポンサーリンク
特許

アイデアに対する評価となるビジネスモデルへの特許の特徴

新しく発明した商品やサービスは、特許庁に申請して認可されると、その商品やサービスに関する優先権を取得することができます。 こうした特許は物やサービスにとどまらず、アイデア自体に対しても認められることがあります。
特許

特許戦略で企業の利益を守る方法

近年の技術革新は日進月歩であり、毎日世界中のどこかで新しい発明が行われています。 この発明を産業に利用するためには、特許としてしっかりと権利を守る必要があります。
特許

特許の審査基準における単一性の要件とは

特許の出願が認められるには、複数の要件を満たす必要があります。 その審査基準の一つに発明の単一性があり、特許では、当該発明に関して排他的な権利を出願者に与えることになるために、しかるべき審査が必要となります。
特許

特許権のライセンス契約について

通常、特許権を取得した場合には、権利者、つまり出願者また発明者が、その権利を実施していくことになりますが、その権利を使い事業を行っていきたいと考えるものに対して、ライセンス契約を結ぶことにより使用や譲渡を認めることができるようになっています...
特許

特許権を譲渡することはできるのか

自分が発明したものが先に誰にも発明されていないものであれば、特許権を取得するほうが良いということは誰でも知っていることです。 権利を取得することで、他人にその権利が侵害されることはなくなります。
特許

特許実務を活かした転職活動

少し前までは、一つの会社に入社したら定年までその会社で働くのが日本社会の慣習であり、美徳でもありました。
特許

特許図面の作成の要領、決まり事

特許の出願の際には、特許願、いわゆる願書と明細書、要約書、特許請求の範囲、そして特許図面が必要になります。 明細書の中では、発明の目的やメリット、発明の構成例や動作を詳しく記述していますが、その内容をわかりやすく説明するために特許図面という...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました