特許

特許

台湾で製品を製造販売するには台湾特許制度の概略を知る必要があります

台湾は、かつて日本が統治していた時代がありました。 その時代の評価は肯定的で日本に好意的な世代も多く、現在も官民間の交流が続いています。日本企業の中にも台湾で事業を展開したり、子会社や合弁企業の設立などで進出する企業が増え、中小企業庁でもそ...
特許

無料のものから有料のものまである特許管理ソフト

特許出願のデータ管理などを行うための特許管理ソフトは、無料のものから有料のものまで様々あります。和気国際特許事務所で開発・利用している「PatentDB」は、特許から実用、意匠や商標、外国出願の管理などが出来るフリーソフトです。
特許

韓国への特許出願については弁理士への相談をすることをお勧めします

日本から韓国への特許出願は、2008年のデータで全出願の1割、外国からの出願の4割と、日本からの出願は国別の出願数で1位を占めています。 その数字が示すように、こうした出願へのニーズは高まっています。
スポンサーリンク
特許

特許とは発明者に公開の代償として一定の間その発明を独占的に使用する権利を与えること

特許とは、有用な発明をした発明者に対しその発明を公開する代償として、一定の期間その発明を独占的に使用できる権利を国が付与することを言います。 この権利を特許権と呼び、これは形のない無体物である発明に、排他的支配権というものを保持させることか...
特許

早口言葉で有名な東京特許許可局は実際にはありません

東京特許許可局というのは早口言葉で有名ですが、実在しないばかりか、特許は「許可」とは言わずに「付与」と言うのが一般的です。 東京には、特許や実用新案、意匠や商標など、特許庁における手続きの業務を行う弁理士の特許事務所が多くあります。
特許

特許翻訳は英語力だけでなく法律知識や技術分野などの教養を同時に必要とします

特許翻訳とは、一般的に特許明細書の翻訳の事を指し、英語力だけでなく法律知識や技術分野などの教養を同時に必要とします。特許明細書は発明・技術の内容が掛かれた技術文書でありながら、発明の権利範囲を決定する為の法律文書でもあるので、意訳せずに原文...
特許

東芝ソリューション株式会社の特許翻訳が出来るソフト

東芝ソリューション株式会社では、企業のグローバルな経済活動を支援するために言葉の壁の克服が必要とされるとして、翻訳ソフト「THE翻訳プロフェッショナルV15特許エディション」を発売しています。
特許

発明が特許登録される要件と出願の流れ

何か今までに無いもの、あるいは今まであったけれど従来のものより便利なものを考え出すことを発明と言います。 これを法的に守る為に特許制度がありますが、この登録に必要な要件を満たさなければなりません。
特許

決して簡単とは言えない特許出願手続き

特許を受けるには、発明等の説明の書類を特許庁に提出して、必要な要件を満たしているか審査を受ける必要があり、この書類の提出を特許出願と言います。 書類といってもアイデアや発明をそのまま出せば良いという訳ではなく、特許庁で指定された様式で提出し...
特許

アイデアに対する評価となるビジネスモデルへの特許の特徴

新しく発明した商品やサービスは、特許庁に申請して認可されると、その商品やサービスに関する優先権を取得することができます。 こうした特許は物やサービスにとどまらず、アイデア自体に対しても認められることがあります。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました