国民年金保険料には免除制度があり、一定の要件を満たすと全額から4分の1が免除されます

65歳以上からもらえる年金は色々な問題が取りざたされていますが、毎年定期的かつ継続的に給付される金銭のことを指します。

「国民年金保険料には免除制度があり、一定の要件を満たすと全額から4分の1が免除されます」の続きを読む

カテゴリー:年金

年金とは、毎年定期的、継続的に支払われ、日本の制度では3階建ての構成になっています

年金とは、毎年定期的、継続的に給付されるもので、制度の運営方法によって、公的年金と私的年金に分けられます。
日本の年金制度は3階建てになっており、1階部分が公的にあたる最低限の補償を行う「国民年金」で、2階部分が「厚生年金」と「共済年金」となっています。

「年金とは、毎年定期的、継続的に支払われ、日本の制度では3階建ての構成になっています」の続きを読む

カテゴリー:年金

年金支給対象者の範囲

年金には大きく分けて3つあり、まずは老齢年金で、通常「年金」と呼ばれる場合はこれを指します。
現在は生まれ年によって変動がありますが原則として65歳からの支給となっており、この年齢は60歳から70歳まで繰り上げや繰り下げをする事が出来ます。

「年金支給対象者の範囲」の続きを読む

カテゴリー:年金

個人年金保険の仕組み

最近は、高齢化社会に歯止めがかからない現状から公的年金にも期待出来ないとする向きが多い上に、期待をかけていた長く勤めた会社の退職金もカットされるケースがあるなど、自分で老後の生活に備えるという意味で個人年金保険と言われるものが注目されています。

「個人年金保険の仕組み」の続きを読む

カテゴリー:年金

年金運用方法は、個人が納めた保険料を個人に返すと言う積立方式ではありません

日本では、20歳になった時に年金制度に加入する事が義務付けられています。
私達が生活をしていく上で、必ず必要なものはお金です。
ご飯を食べる為には食材等を購入しなければいけませんし、衣類などを購入する為にもお金が必要となってきます。

「年金運用方法は、個人が納めた保険料を個人に返すと言う積立方式ではありません」の続きを読む

カテゴリー:年金

年金生活を送るようになった時の為に、貯蓄などを十分に考え、人生設計を考えておく必要があります。

日本国内で生活している方が義務付けられている制度に、年金制度があります。
毎年、定期的、継続的に給付される年金制度は、働く事が難しくなった高齢期の生活を支えるものです。
日本では、1961年に国民年金法が開始され、国民皆年金制度が確立されました。
そして現在の年金制度の骨格にもなっている基礎年金制度が導入されたのは、1985年の年金制度の改正です。

「年金生活を送るようになった時の為に、貯蓄などを十分に考え、人生設計を考えておく必要があります。」の続きを読む

カテゴリー:年金

免除される場合を除き、20歳から60歳までの長期間に渡って、定額の国民年金料を納付する必要があります。

日本の公的年金に、国民年金法で規定されている国民年金があります。
国民年金は、国が生活面で社会福祉、社会保障及び公衆衛生の向上及び増進に努める為に必要なものとして、法律で定められているものです。

「免除される場合を除き、20歳から60歳までの長期間に渡って、定額の国民年金料を納付する必要があります。」の続きを読む

カテゴリー:年金

親が死亡したにもかかわらず子供が親の年金を受け取っていた件

65歳以上になると、加入していた年金の種類に応じて、月あたりの一定金額を受け取ることができるものが年金です。
そして、受給者が死亡すれば、親族が受給者の死亡届を出して、受給をストップするのが通例となっています。

「親が死亡したにもかかわらず子供が親の年金を受け取っていた件」の続きを読む

カテゴリー:年金

年金番号は一生変わりません

消えた年金として一時期世間を賑わせていた年金問題ですが、その原因は統一されていない年金番号にありました。
厚生年金、国民年金、共済年金など、それぞれ番号が違い、転職などをするとそれで番号が変わり、管理が非常に複雑となっていたのです。

「年金番号は一生変わりません」の続きを読む

カテゴリー:年金

60歳以降に勤めを継続する際にかかわる在職老齢年金の注意点

在職老齢年金とは、60歳を過ぎた時に労働による収入を得た場合に、そうして働きながら得た収入と年金の合計金額が一定以上になった時に、年金の額の方が全額もしくは一部減額される制度のこと自体、またはそのような形で受給したお金のことを指します。

「60歳以降に勤めを継続する際にかかわる在職老齢年金の注意点」の続きを読む

カテゴリー:年金

このページの先頭へ