労働保険の適用事業所となる条件は労働者を1人でも雇用する事となっています

労働保険とは労災保険と雇用保険を総称するもので、労働者を1人でも雇用した場合には適用事業所として事業主が保険加入に必要な手続きを行う事が法律で義務付けられています。

「労働保険の適用事業所となる条件は労働者を1人でも雇用する事となっています」の続きを読む

カテゴリー:労働保険

勤務先の労働保険適用状況を厚労省サイトでチェック

労働保険には労災保険と雇用保険の二種類がありますが、それらの従業員に対する役割は重要です。

「勤務先の労働保険適用状況を厚労省サイトでチェック」の続きを読む

カテゴリー:労働保険

労働保険保険料申告書を使った手続きとその代行について

労働保険保険料申告書は、主に労働保険の年度更新に利用される申告書です。
労災保険と雇用保険を総称する労働保険の保険料は、毎年4月1日から翌年3月31日までの1年間の保険年度で計算し、全ての労働者の賃金に支払われる賃金の総額に、それぞれの保険料率を乗じて算定されます。

「労働保険保険料申告書を使った手続きとその代行について」の続きを読む

カテゴリー:労働保険

中小企業は労働保険事務の処理を労働保険事務組合に委託する事が出来ます

労働保険料の申告や納付等をする労働保険事務は、基本的には事業主が行わなくてはいけません。しかし、中小企業は労働保険事務の処理を労働保険事務組合に委託する事が出来ます。

「中小企業は労働保険事務の処理を労働保険事務組合に委託する事が出来ます」の続きを読む

カテゴリー:労働保険

労働保険番号を基に、速やかに管轄する労働基準監督署への届出と給付の手続きを取りましょう

労働保険は政府管掌の強制的な保険で、従業員を雇い入れた場合には原則として加入することになっています。

「労働保険番号を基に、速やかに管轄する労働基準監督署への届出と給付の手続きを取りましょう」の続きを読む

カテゴリー:労働保険

労働保険と事業の種類ごとに決められている労災保険料率について

労働保険とは、労災保険と雇用保険の両保険を併せた総称です。

労災保険は、業務上または通勤時に労働者が災害に遭って負傷や疾病にかかった場合や障害が残った場合、死亡した場合等に、被災労働者もしくは遺族に対して所定の保険給付を行う制度で、労災保険に加入するしないは自分で決められるものではなく、会社や事業所が加入するので給料から保険料が差し引かれる事はありません。

「労働保険と事業の種類ごとに決められている労災保険料率について」の続きを読む

カテゴリー:労働保険

労働保険に関する事務処理代行資格を厚生労働大臣から受けている東京都労働保険協会

人を雇う以上絶対不可欠となる労働保険の手続きは、会社側にとって大変厄介な作業になるのではないでしょうか。東京都台東区蔵前に所在地を置く東京都労働保険協会では、それらの届出書類の作成・提出・代行をしており、社内での事務処理に費やす時間と労力、または専任スタッフが削減できます。

「労働保険に関する事務処理代行資格を厚生労働大臣から受けている東京都労働保険協会」の続きを読む

カテゴリー:労働保険

事故を起こしたばかりでなく、労働保険未加入ともなれば信用は失墜し、大きな損害を被ることにもなります

通常、事業主は労働者を雇い入れた日から10日以内に、所定の保険関係成立届を労働基準監督署や公共職業安定所に提出し、労働保険の加入手続きを行います。
ところが、政府が管理運営している強制的な保険であるにも関わらず、労働省の推定では90万もの事業所が未加入というのが実態です。

「事故を起こしたばかりでなく、労働保険未加入ともなれば信用は失墜し、大きな損害を被ることにもなります」の続きを読む

カテゴリー:労働保険

労働保険の重要な資金基盤である労働保険特別会計

昭和22年に失業保険事業などの経理を明確するために設置された失業保険特別会計と、労働者災害補償保険特別会計が昭和47年に一元化されたのが労働保険特別会計です。

「労働保険の重要な資金基盤である労働保険特別会計」の続きを読む

カテゴリー:労働保険

東京での労働保険窓口・保険料給付・徴収等は東京労働局が行っています

労働保険には、一般的に「労災保険」と呼ばれている労働者災害補償保険と雇用保険が含まれています。労働保険の管理は厚生労働省ですが、実際の窓口は厚生労働省の地方支部局である労働局が行っており、全都道府県に置かれていますので、東京の場合では東京労働局がそれに当たります。

「東京での労働保険窓口・保険料給付・徴収等は東京労働局が行っています」の続きを読む

カテゴリー:労働保険

このページの先頭へ