会社設立手続き代行の報酬について

会社設立手続きはご自身で行うことも専門家へ依頼して行うこともどちらも可能です。
会社設立手続きの専門家としては、司法書士、行政書士、税理士などがいます。
専門家へ依頼した場合、報酬の相場はどの程度になるのでしょうか。

まず、法定費用として必ずかかる費用(実費)は、株式会社の場合には安くても21万円程度、合同会社の場合には6万円となります。
そして、専門家への手続き代行の報酬として、株式会社の場合には10万円程度、合同会社の場合には5万円程度を支払うのがおおよその相場です。

ただ、各専門家ごとに多少の違いはあります。
そのため、株式会社の設立手続きについては、全費用としては30万円から35万円程度、合同会社の設立手続きの場合には、11万円から15万円程度となるのが相場です。

もっとも、インターネットなどでは会社の設立手続きの報酬を0円などとしている事務所も多くあります。
このような事務所の場合、多くの場合には設立手続きを無償とする代わりに税理士と顧問契約を締結することを条件としている場合が多いです。

当初から税理士との接点を作りたい場合には決して悪くないシステムといえますが、純粋に費用だけを考えると会社の設立手続きよりも1年間の顧問契約の費用は多くかかってしまうというのが実際です。

会社の設立手続きは手間のかかる複雑な手続きなので、相場を参考に、信頼できる専門家を探すことがお勧めです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:会社設立

このページの先頭へ