会社設立には、まず税理士の力を借りよう

会社設立と税理士というふたつのキーワードの間には、太くて丈夫な一本の線があると考えられます。
自分の力だけでこのような大仕事を成し遂げようとすると、どこかで躓いて転倒してしまう危険性が常にあります。

これは、つまるところ単独で標高の高い山々に登頂することと同じで、その道に精通したスペシャリストの協力を得なければ成功する確率は芳しくないと考えられます。
まず、莫大な資金と労力が必要になってくることが挙げられます。

自力で会社設立の作業を行う場合には、定款の印刷費用や登記費、印鑑の作成費などトータルで二十万円以上が必要になってきます。
さらに関連する役所に何度も往復するとなると、総額とその手間を考えただけで思わず尻込みしてしまいます。

そういったときの頼れるピンチヒッターが、税理士なのです。
とあるサポートセンターにおいては、法人設立届などの重要な書類を代行して提出してくれたり、初年度の年末調整にかかる費用が五人分まで無料になったりするコースがあります。

一切の費用負担がかからない電子定款を利用したり、手数料が無料になるメリット面を考慮すると、本業にすんなり入っていくことも可能な構成となっています。
このように、税理士は会社設立の大切なパートナーと表現することができ、その支えは設立後の資金面の相談相手として適しています。

どんな分野にも共通していることとも言えますが、まず彼らのような縁の下の力持ちという存在を見つけて入念にプランニングし、一歩一歩最終的な目標に近づくような経営戦略を立てましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:会社設立

このページの先頭へ