会社設立には支援を行っている事務所に相談するのがお勧めで、京都には専門家が揃った所や設立後のサポートも受けられる所があります

日本には数多くの会社が設けられており、サービス業や建設業、製造業に医療・福祉など分類も様々です。規模も大小問わず色々見られますが、新しく設立される会社も徐々に増えてきています。なぜなら、平成18年に改正された会社法と呼ばれる法律によって資本金が少額でも設立できるようになったため、この年を境に設立数が増加したからです。

しかし、新しく起業する場合には必要書類や印鑑の作成、税務署への届け出など、多くのステップを踏まなければいけません。そんな際にはサポートを行っている事務所に相談し、手続きの支援を頼むと良いでしょう。サポートセンターは様々な地域に存在していますが、清水寺や伏見稲荷大社、鞍馬寺といった古い歴史名所が多い京都も例外ではありません。

中央区に位置する「ひかり会社設立サポーター京都」は、税理士や行政書士といった専門家と企業経営の相談役が一堂に集まっています。
各専門家が旬な情報を提供すると共に、豊富な知識の下で会社設立の支援を行うので安心です。

また、飲食店や宅建業などを始める際に必要な許認可の無料相談ができますし、企業の規模や業態に合わせた資金調達プランも提供してくれます。
続いて「京都会社設立相談所」は、任せることでトータル的な援助が受けられ、余計な手間を掛ける必要がありません。

設立の手伝いは勿論ですが、設立後も顧問契約を結べば税務・会計・資金繰りの補助がありますし、各種コンサルティング体制も整っています。
会社設立を希望する場合は京都のこうした場所に相談して、サポートを受けながら手続きを進めると良いでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:会社設立

このページの先頭へ